レーシングゼロでレースに出る

購入時から付いているホイールのほとんどは、重かったり回転性能があまり良くないなど、ある程度自転車に慣れてくると物足りなさを感じるかと思います。

今ついているホイールよりも更に軽い物や回転の良い物に変えれば、登りが楽になったり長距離を走っても疲れにくくなったりします。今回は予算ごとに基準となるホイールを見ていきましょう。

5万円台のホイール

この価格帯のホイールであれば、最初に付いているホイールとはっきりとした違いが出てきます。重量も軽いものであれば1500g台のホイールも出てくるので、コスパのいいモデルが多い価格帯です。

ベストインクラス

Campagnolo ZONDA

この価格帯だとオススメなのが「Campagnolo ZONDA」(カンパニョーロ ゾンダ)です。最近モデルチェンジを果たしワイドリム化されつつも、約1,540gと重量も優秀なこのホイールは、性能・ルックス共にこの価格帯でも群を抜いています!

10万円以上のホイール

この価格帯のグレードは、いわゆる決戦用などと呼ばれるホイールが多くなってきます。軽さ・剛性・エアロ特性など、バランスの良いホイールがこの価格帯の特徴です。各社アルミの最高峰グレードなどもこの価格帯に分類されます。

迷った時には

各メーカーの最高峰など色々選択肢が豊富な価格帯ですが、選択肢が多ければ多いほど迷いがちかと思います。

FULCRUM Racing ZERO
USB ウルトラスムースベアリング

あえてオススメを挙げるならば「FULCRUM Racing ZERO」(フルクラム レーシングゼロ)です。1,518gという軽さ、セラミックベアリングのハブ、ワイドリムと良いところを上げたらキリがないほどの、まさにパーフェクトなホイール!予算が許すなら間違いなくオススメです。

番外編

Aeolus xxx 4 入荷しました

今回詳しくは紹介しませんが、カーボン製のホイールも最近は充実してきています。20万円からの物が増えてきているので敷居は下がりつつありますが、取扱など少し注意が必要な面があります。ですが軽さや性能は抜群です!

自分の用途にあったものを選ぶために

2つのオススメのホイールを挙げましたが、あくまで一例でしかありまん。リムの高さやチューブレスに対応しているかどうかなど、自分の乗り方や長所をさらに伸ばすのか、苦手なところを補うのか、様々な効果を期待できるのがホイールなので興味があれば検討してみても良いですね。

この記事に関するお問合わせは

オンザロード守谷店
茨城県守谷市松ヶ丘3-9-5
TEL : 0297-45-4277
FAX : 0297-45-4388
Mail : cs@otr.jp

オンザロードつくば店
茨城県つくば市二の宮3-16-2
TEL : 029-875-8677
FAX : 029-875-8678
Mail : cs-tsukuba@otr.jp