TREK DUAL SPORT +【2019年モデル】

Dual Sport Plus

※写真は日本国内仕様と一部異なる点がございます

「DUAL SPORT+」は、トレックが提案する最新鋭の電動アシストタイプのクロスバイクです。

ヨーロッパや北米では、「E-bike」(イーバイク)と呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト自転車が大きくシェアを伸ばしており、デュアルスポーツプラスもアメリカで高い支持を得ているEバイクです。

トレックとしては第2弾となるEバイク日本導入モデルですが、トレックは2000年代よりEバイクを製造・販売しており、実はデュアルスポーツプラスも今季発表となった2019年モデルは、フルモデルチェンジされたばかりで成熟度の高い2世代目のモデルです。
 

  • Eバイクの中でも完成度の高い近代的なデザインと充実した装備
  • 「より気軽に、でも本気で自転車を楽しみたい。」そんな矛盾を実現する自転車
  • 今までにない新たなフィールドを自らの足で切り開きたい、そういった志のビギナーさん大歓迎バイク

デュアルスポーツプラスはこんな人にオススメ!

よりアクティブに自転車を楽しみたい方は必見!

トレックのEバイク第1弾の「Verve+」(ヴァーヴプラス)が通勤・通学、そして手軽なサイクリングを目的とした自転車だとすると、デュアルスポーツプラスはよりアクティブに自転車を楽しみたい方に向いています。
舗装路・未舗装路を問わず快適に走れる足回りや、大容量のバッテリーを搭載したことで伸びた航続距離をフルに活用して、より長い距離を走破し、幅広い用途で活躍できるような自転車に仕上がっています。

ヴァーヴプラス
近年人気が高まりつつあるスポーツタイプの電動アシスト自転車「E-bike」(イーバイク)は、スポーツサイクルの新

山間部にある林道や砂利敷のちょっとした未舗装路は、勾配のきつい激坂であることが多く、気軽にオフロードを楽しむのにはハードルが高いことが大半です。ですがデュアルスポーツプラスなら、キャンプ用品や釣具・カメラといった重いアウトドアギアを積んでも、モーターの力強いアシストを受けて余裕で走ることができます。
自転車アクティビティをより気軽に楽しみたい方や、これまでに行ったことがなかった新しいフィールドを開拓したい、冒険心にあふれる方にとって最高のパートナーになる1台です。

デュアルスポーツプラスはよりアクティブなEバイク

Eバイクとしての完成度をより高めたモデル

デュアルスポーツプラスは、「デュアルスポーツシリーズ」の電動アシスト版として追加されたモデルです。

ベースモデルとなるデュアルスポーツシリーズとは

昨シーズンまでは「DSシリーズ」という名前で販売されていた「DUAL SPORTシリーズ」(デュアルスポーツシリーズ)は、クロスバイクの人気シリーズ「FXシリーズ」に対して、フロントサスペンションを装着したり幅広のブロックタイヤを履くなどして、よりアグレッシブな走行ができるようなコンセプトで開発されたモデルです。

TREK Dual Sport 3
TREKのフロントサスペンション付きクロスバイクシリーズ、「DUAL SPORT」(デュアルスポーツ)に2019

デュアルスポーツシリーズが2019年モデルにフルモデルチェンジをしたのに合わせ、デュアルスポーツプラスも最新の電動アシストユニットを用いてモデルチェンジし、日本市場に導入されました。

Dual Sport Plus 2018

日本未導入だったデュアルスポーツプラスの2018年までのモデル

大容量の新型バッテリー採用で一体感のある美しいデザインを可能に

2019年の新型モデルでの最大の変更点は、最新規格の内蔵型バッテリーを採用したシームレスで未来的なデザインです。これまでのモデルではフレームの上にバッテリーが載っかった後付感のある見た目をしていましたが、新型モデルではバッテリーをフレームに内蔵させ、一体感のあるデザインになっています。
また、フレームに2ヶ所ボトルケージの台座が設けられているのも、フレーム内蔵がゆえの利点です。

DS+のバッテリー
DS Plusの内蔵式バッテリー

トレックはドイツの産業機械メーカー「BOSCH」(ボッシュ)とEバイク部門のパートナーシップ契約を結んでおり、デュアルスポーツプラスに採用されているバッテリー「PowerTube 500」は、日本市場においてトレックが初めて採用しました。

BOSCHの最新バッテリー、パワーチューブ

フレームにバッテリーを内蔵させ、サイズの制約から開放されたことで500Wh(36V × 13.4Ah)という大きな電力量を可能としています。このバッテリー容量は日本国内に導入されているEバイクの中でも最も大きく、より長い距離を航続可能にしていることを意味します。

trek verve+
柏市に引っ越してからというもの、「E-bike」(Eバイク)の存在が激しく気になって仕方がないスタッフ大高です。

先に日本に導入されたヴァーヴプラスが搭載しているバッテリーは、容量が300whで最大で約100kmの航続が可能です。ですがデュアルスポーツプラスはそれを上回り、1.6倍となる160kmという長い距離を航続可能としています。

DS+の充電ポート

バッテリーを取り外し家の中で充電することもできますが、自転車本体にも充電ポートを設けているので、直接コンセントからバッテリーを充電することもできます。

実績のある電動アシストユニットを採用

電動アシストユニットとヘッドマウントディスプレイには、ヴァーヴプラスにも採用されているBOSCH社のユニットを使用しています。
電動アシストユニット「Active Line Plus」は、日本国内市場向けに電動アシスト量を調整してあり、内蔵されているセンサーが読み取った情報を的確に処理し、最適なアシストを行っています。BOSCHが自転車関連産業で培った技術が惜しみなく投入されてるようです。

Active Line Plus
ヘッドマウントディスプレイ

ハンドル中央にはヘッドマウントディスプレイが備え付けてあり、電源のon/offやアシスト量の調整、ライトの点灯を行うことができます。

アクティブライドを支える装備品

デュアルスポーツプラスは未舗装路でも走れる丈夫な足回りが特徴となるモデルです。幹線道路を避けて田んぼの畦道を走り抜けたり、あえて山道をツーリングコースに組み込んだりしてみましょう!

マウンテンバイク規格のワイドなギア比

デュアルスポーツプラスでは、より軽いギアを選択できるように、クロスレシオの広いマウンテンバイク用のスプロケットが装着されています。

デオーレ10段変速

変速機もシマノ製のスタビライザー付きのものがおごられており、チェーンが跳ねるような悪路でも脱チェーントラブルを回避し、安定した変速を可能にしています。

油圧ディスクブレーキとサスペンションがもたらす快適性

ブレーキシステムにはシマノ製の油圧式ディスクブレーキが採用されています。鉱物油を使用した油圧システムなので、きちんとエア抜きをしてセッティングを出せば、劣化も少なく安定した制動力を提供してくれます。
タイヤは38mm幅のワイドなセミスリックタイプのブロックタイヤです。

ディスクブレーキを標準装備
Dual Sport Plusのフロントフォークサスペンション

フロントサスペンションフォークには、SRサンツアー製のクロスバイク向けのものが装着されています。ストローク量が63mmと、最近のマウンテンバイクと比べるとやや少なめではありますが、本格的なトレイルで飛んだり跳ねたりするような走り方をしない限り、必要十分なストローク量になっています。
ですがインナーチューブが30mmの上位モデルを採用しているので、剛性感と軽量さに関しては一昔前のマウンテンバイクに引けを取らないものです。

前後ライトが標準装備

DS+のフロントライト
DS+のリアライト

ヴァーヴプラスと同様に、デュアルスポーツプラスでも光量の大きな明るいLEDライトが標準で装備されています。電源はドライブユニットのバッテリーから直接供給されるので、ライトを別に充電する必要はありません。

ラインナップ

DUAL SPORT +

Dual Sport Plus

Trek Black

フレーム:Alpha Gold Aluminum, rack mounts, internal cable routing
フォーク:SR Suntour NRX, 63mm travel
ドライブトレイン:Shimano Deore M6000 Shadow+ 10速, Bosch Active Line Plus, Bosch PowerTube 500wh
サイズ:S, M, L, XL
価 格:380,160円(8%税込)