新型ヘッドライト「ION PRO RT & ION 200 RT」登場

ION PRO RT と ION 200RT

TREKのアクセサリー部門、BONTRAGER(ボントレガー)より新型のヘッドライトが発売されました。新しいライトは高光度のLEDと大容量バッテリーを内蔵したハイスペックモデルの「ION PRO RT」、そして軽量&コンパクトな「ION 200 RT」の2種類。

  • ION PRO RTは一日中使えるくらいバッテリーが大容量
  • 軽量なION 200 RTならヘルメットに装着しても違和感なし!
  • ANT+に対応しているのでGARMINとも接続できます

1300ルーメンのハイスペックライト、ION PRO RT

ION PRO RT(イオンプロRT)は、従来機種「ION 800 RT」を全面刷新した新型モデルです。モデルの名前からも分かる通り以前のモデルは800ルーメンでした。

BONTRAGER ION PRO RT

今回登場したION PRO RTは、1300ルーメンに光量を大幅にアップ。内蔵リチウムイオンバッテリーの容量も3000mA/hから4800mA/hに増やし、光量が増えた分をカバーしています。このモデルのみ高速充電に対応したケーブルが付属しているので、旧来のモデルと比較しても充電時間が長くなってしまったということもありません。

BONTRAGER ION 700RT
こちらはスタッフが2年半使い込んだ「ION 700 RT」(800RTのマイナーチェンジ前のモデル)です。

通勤やマウンテンバイクのナイトライドでG-SHOCK並の耐久試験を施したためボロボロですが、筐体が頑丈なので今でもしっかり点灯しています。

ION PRO RT と ION 800RT
新旧の大きさを比較するとこんな感じ。(左:ION PRO RT、右:ION 700 RT)ややボリュームが増しているように見えますが、重さでは20g程度しか変わらないです。

最大光量だけじゃない割と重要な点灯時間のお話

ION PRO RTの点灯モードは1300/800/400ルーメンの切替式で、この他に2種類の点滅モードがあります。

街灯がある市街地であれば400ルーメンもあれば光量は十分かもしれません。なので「400ルーメンが最大光量のヘッドライトでも十分じゃないか!」といったご意見が出るかもしれません。ですがそういった充電式ヘッドライトの多くはバッテリー容量がそれほど大きくはなく、400ルーメンのモードだと1時間程度しか点灯できないものが多いです。

日中デイライトととして使い続けて、いざ夜になったときにバッテリー切れでは困りますよね。

光量と駆動時間の関係

ION PRO RTでは400ルーメンのモードで6時間駆動する高いバッテリー容量を誇ります。また800ルーメンのモードで3時間駆動できるなど、旧モデルのION 800 RTと比較しても2倍になっています。

街灯が殆ど無いような場所で長時間自転車に乗るようなライダーさんはもちろんですが、通勤で毎日ライトを使う方は充電の手間を減らすことができますね。

マウントも新しくなりました

見逃せない小さな変更点は、このライトマウント「ION ハードマウントブラケット」です。ゴムタイプからネジでしっかりと止められるプラスチック製のマウントが付属するようになりました。

Bontrager Ion Hard-Mount 35 Bracket

対応するハンドル径は25.4~35mmです。振動でもずれにくく、クランプを全開放してハンドルから外しやすいデザインになりました。

手のひらサイズのION 200 RT

新登場したION 200 RTは軽量・コンパクトなフロントライトです。前照灯として使ってもいいですが、最大光量が200ルーメンに抑えてあるのでヘルメットに取り付けてサブライトとして、あるいはデイライトとして使うのがおすすめです。

軽量なION 200 RT

ハンドルにはION PRO RTを、頭上にはION 200 RTを取り付ければ、自転車が向いている方向と顔が向いている方向の両方を照らしてくれるます。実際に通勤で使ってみた感想として市街地を走る際、特に交差点で左右を確認するときなどは重宝します。

ヘルメットに装着したボントレガーのライト

また、点滅も昼用の「デイ・フラッシュ」と夜用の「ナイト・フラッシュ」の2モードあり、2km先でも視認できる明るいデイ・フラッシュなら12時間駆動してくれます。ION 200 RTと同じデザイン・サイズにモデルチェンジした新型リアライト「FLARE RT」も同時に発売されましたので、こちらも合わせて昼間のライドにも使用してみてください。

ANT+でGARMINとも接続できます!

今回ご紹介したION PRO RTとION 200 RTは、ANT+(アントプラス)と呼ばれる通信規格に対応していて、同じANT+規格を採用するGARMINのEDGE520や820、1030といったサイクリングコンピューターと連動することができます。

※以前までではこの規格に対応した「ION 800 RT」と非対応の「ION 800 R」の2種類が併売されていましたが、今回のモデルからはANT+対応のRTのみのラインナップです。

BONTRAGER ION RT とGARMINを連動

GARMINとの接続も非常に簡単で、設定画面の「センサーを追加」項目で自動的にペアリングができます。GARMINの電源を入れるだけでライトを起動できるので、複数のライトを取り付けている方には便利ですね。


BONTRAGER ION PRO RT
価格:
16,900円(税込)

BONTRAGER ION 200 RT
価格:
7,500円(税込)