チェーンクリーニングは重要です!【自転車の洗車】

こんにちは、こんばんは。つくば店の増井です。
皆さんは、スポーツサイクルをどのように活用されていますか?

趣味のため、トレーニングのため、はたまた通勤通学やダイエットと、様々な使い方をされていると思います。使う用途や乗り方によってバイクは変わりますが、「乗っていると汚れがたまる」というのは全車種共通事項です。

CN汚れ2

趣味として乗るのであれば自分でメンテナンスは勿論ですが、実は通勤通学などの普段使いをしているとどうしても蔑ろにしがち・・・

実は週末に趣味として使ったりするよりも、使う頻度が高い通勤などの普段乗りのほうが汚れは溜まりやすいです!

チェーンのお掃除
こんにちは、オンザロードつくば店の永島です。 今回は「チェーンの洗い方」を紹介していきます。 きちんと注油してあるチェーンは、その油が吸い寄せるように、自然と砂やゴミ

以前の別のブログでも紹介いたしましたが、「再確認!」ということで今回はわたくしマスイがギア周りの洗浄メンテの方法を改めてお教え致します!

まずは汚れの確認から!

CS汚れ

汚れと言っても種類は色々です。例えば金属が削れてオイルと一緒に出てくる黒い汚れや、チリなどの固まった汚れがスプロケットやリアギアのプーリーの歯車に溜まっていくものなどあります。実はこれ、放って置くとキア板との噛合がずれ連鎖的に消耗するパーツが増えていくんです。

RD汚れ

まずは状態を確認!どれほどのメンテナンスが必要か確かめてみましょう。
状態によってクリーナーを使う簡単なメンテ、水を駆使した水洗車するかが変わってきます。

クリーナーで綺麗に

BC-8を使ったクリーニング

【頻度】2週間~1ヶ月(目安)
【作業時間】約5~10分

CN汚れ

オイルを差してから乗り続けたチェーンは真っ黒く汚れてきます。
簡単なメンテナンスはBC-8で吹きかけて汚れを落とす方法です。

使い方は簡単で、ウエスで当布しながら吹きかけるだけです。
中乾性で比較的乾きやすいため、さっと汚れを落として手早くメンテナンスをしたいときにオススメです!

最初の状態から比べると相当綺麗になっています。
5~10分で出来るので汚れが気になった時などにやるのが良いでしょう。

チェーンクリーナーを使ったメンテナンス

【頻度】1ヶ月~
【作業時間】10分~20分

BC-8と違い、チェーンクリーナーはチェーン、カセットに吹きかけ少しおいてからブラシで磨く作業になります。
吹きかけるだけで落ちないチェーンのコマとコマの隙間にあるチリ汚れをブラシで落とすことによって、より綺麗に、よりチェーンオイルの持ちも良くなります。

水洗車が可能な場合

汚れをブラシで落としたら、水をかけます。
そうするとチェーンクリーナーが乳化して落ちるようになっています。これでも十分綺麗!ですが、まだ後もう一作業していきます。

中性洗剤を使用したシャンプーをしていきます。
チェーンのコマの内部、実はそこにまだ汚れが残っているので、洗剤の泡で内部の汚れを吐き出してコマの周りを良くしてあげることもチェーンオイルが長持ちする秘訣です。

使用するのは適当な中性洗剤と、ホームセンターなどで売っているちょいデカブラシ。チェーンだけじゃなくて取りきれてない油汚れがついているクランク、RD/FDもこれでまとめて洗っちゃいましょう!


水洗車が不可能な場合

水洗車がし辛いマンションやアパートにお住みの方は、フォーミングマルチクリーナーを使ってあげるといいです。

まず先にBC-8などでクリーナーを落としてから、フォーミングマルチクリーナーを吹きかけます。

吹きかけると泡が発達する仕組みで「フレームに付いた泥・砂汚れを泡で浮かして除去」といったものになり中々チェーンに使いづらいイメージがありますが、コマ内部で泡が発達することにより中の汚れを吐き出してくれるので実は超便利!!!

最初の触ると真っ黒になるのと比べて文句ないくらい綺麗になりました!
もう新品顔負け!いや、新品より光ってます!(脱脂されてちゃ当たり前か。)


クリーナーがリムに付着したままだとブレーキの効きが悪くなったりします。くわえて車輪つけての洗車だとスプロケットの汚れが取りきれてない時があるので時間があれば後輪、外してみてはいかがでしょう?

普段私達が使っているメンテナンススタンドは中々個人で持つにはコストと場所とって大変ですよね~(汗)
そんな時は自転車ひっくり返して解決!

外したら、後は件の場所をワシャワシャ洗うのみ。
でかいブラシ(通称・ホイールブラシ)は使い勝手が非常にいいです。

ホイールだけであればバケツに水をためてかけてあげれば洗剤も落ちるので、水洗浄しやすいですね^^b

洗車後の見比べ

CS汚れ

CN汚れ

洗車前と比べると、一目瞭然!輝きが違いますね。
綺麗すぎて乗って汚すのが勿体無いくらいです。

最重要事項:オイルアップ

チェーンは綺麗にするだけじゃダメです。

「油汚れを落とす≒錆びやすい状態」

要はチェーンをコーティングしているものがなくなり金属同士が直に擦れ合って傷がつき、そこからサビが出来やすくなってくるので、水気をとったらオイルアップをしちゃいましょう。

使い勝手抜群!エアゾールタイプ

ノズルを立てて当て布してあげながら吹きかけるだけで簡単にオイルを注す事ができます。
種類も豊富にあり、使用用途・強度に合わせて選んで頂けます^o^

写真で使用している「ラスペネ」は一番オーソドックスなタイプでサラッとしています。持ちは良いですが粘度が低いので、オイルメンテに慣れてなくかけ過ぎてしまっても拭けば必要な量まで拭き取れます。

こだわる人にオススメ!リキッドタイプ

チェーン1コマに1滴ずつ垂らして油を乗せていくので手間はかかりますが最高のパフォーマンスを提供してくれます。
気難しいのは乗せるオイルの量が多くなってしまいがちで、少し慣れが必要です。
それも2回くらいやってくると感覚で垂らすオイルの量も調整できると思うので問題はないでしょう!

細かいオイルの種類等はリンクのブログから見てみて下さい~。

チェーンの清掃、給油と言えば自転車のコンディション維持に必要不可欠です! こんにちは、守谷店向井です。 私もチェーンのコマ部分のオイルが切れだす頃、距離にすると300
自転車チェーンオイル
こんにちは、オンザロードつくば店の永島です。 今回はオイルの種類と指し方をご紹介したいと思います。前回の「年末までにしておきたい大掃除 【チェーン編】」にてチェーンオイルの

今回は日々のちょっとしたメンテナンスから、少し踏み込んで手の込んだメンテナンスの方法を掲載させていただきました!
チェーンオイルの種類や掃除の方法、聞きたいことありましたらお気軽にお問い合わせ下さい!