デュアルスポーツプラス 試乗車入荷しました!【柏店】

デュアルスポーツプラス

こんにちは!オンザロード柏店の大高です。

TREKの新型Eバイク「Dual Sport+」(デュアルスポーツプラス、以下 “ DS+ ”)がこの程柏店の試乗車として入荷いたしました!!

電動アシストタイプのマウンテンバイク、E-MTBの日本国内導入を首を長くして待っているオオタカとしては、その試金石になりそうな存在のDS+はかなり気になる存在。

早速その実力を確かめるためにショートツーリングにでかけてみました!合わせてインプレなどもご報告していきます。

デュアルスポーツプラスはこんな自転車?

そもそもDS+とはどんなバイクかというと、サスペンションと太めのブロックタイヤを装備した電動アシストタイプのクロスバイクです。

Dual Sport Plus

電動アシストタイプのではない、デュアルスポーツというモデルの派生車種がデュアルスポーツプラスで、よりアクティブにオフロード走行などを楽しめるように設計されたクロスバイクです。

TREK Dual Sport 3
TREKのフロントサスペンション付きクロスバイクシリーズ、「DUAL SPORT」(デュアルスポーツ)に2019
Dual Sport Plus
※写真は日本国内仕様と一部異なる点がございます 「DUAL SPORT+」は、トレックが提案する最新鋭の電

とは言っても、マウンテンバイクに比べればタイヤはずっとずっと細く、オンロードでの軽快感も犠牲にしていないところがこのバイクの良さです。

電動モーターを動かすのは500Whの大容量バッテリー。前日にきっちりと充電しておきます。

バッテリーを取り外す

バッテリーを外さなくても、車体に設けられて充電ポートにコンセントを直接差し込めますが、あえて外せることをアピールするために取り外しています。

Eチューブバッテリーを充電中

今後日本にも導入予定のTREKのE-MTBも、フレームにビルトインするこのような形状のタイプのバッテリーになる予定なので、ある意味予行練習でもあります。

デュアルスポーツプラスはこんなところが面白い!

普通のサイクリングロードや公園を走る

まずはやって来ました、柏市民憩いの場、大堀川の遊歩道です。厳密にはサイクリングロードではありませんが、こういった市街地にある遊歩道やサイクリングロードは、車道といたる所で交差していてストップ・アンド・ゴーが結構多いです。

デュアルスポーツのEバイク

停止と発進を繰り返すようなシチュエーションでも、電動アシストが加速を後押ししてくれるので、そのあたりが一切苦になりません。

それに遊歩道脇のちょっとした草むらに乗り上げていっても、難なく走ってくれます。やっぱり電気の力は偉大だなー(´-`).。oO

Eバイクの試乗車でツーリング

いろいろと寄り道をして、柏市の桜の名所「あけぼの山公園」まで足を伸ばして見した。公園内は自転車走行禁止なので押して歩かなければなりません。ヘビー級のDS+は幾分取り回しがし辛いですが、公園周辺の坂道は快適そのものでした。

坂道&坂道

そう坂道です!

DS+を始めとするEバイクが最大限に効果を発揮する場所、それが坂道。楽したっていいじゃないですか、にんげんだもの。

坂道とEバイク

わざわざ戦闘能力(※斜度のこと)を掲示してくれていますね。これを見て引き返した人も数多(のはず)。

ロードバイクなどのスポーツサイクルに普段から乗っている方にとっては、そこまで大げさではない坂道かもしれませんが、スポーツ経験がゼロの方やご年配の方にも自転車を楽しんでいただく機会をEバイクは与えてくれそうです。

砂利道。ライバルは軽トラ

なるべく未舗装路をなぞりたかったので、利根川の堤防沿いの畦道に来ました。軽トラ率100%の田んぼの畦道こそがDS+の大好物。

砂利道を走るデュアルスポーツ

フロントサスペンションはストローク量が60mm程度しかありませんが、大きめの砂利が転がるダブルトラックの道を走るのには十分すぎるスペックだと思います。
むしろエアボリュームが多めの太いタイヤがクッション性とトラクションを適度に稼いでくれるので、快適な走行感に一役買っている印象です。

砂利道とクロスバイク

本格的なシングルトラックのトレイルには、サイズ700×38Cのセミスリックタイプのタイヤは物足りなく感じてしまうかもしれませんが、砂利敷きの畦道やクロスバイクで行ける範囲の林道には、ちょうどよいサイズ感に仕上がっています。

雨もぬかるみも気にするな!!

ボッシュのヘッドマウントディスプレイ

ちなみに今回のツーリングでは、走行モードを最もアシスト量の強い「ターボモード」に固定しております。前後ライトも常時点灯です。バッテリー消費量は一番多いはずなので、帰ってきてから航続可能距離がどれほどのものになっているか楽しみです。

trek verve+
柏市に引っ越してからというもの、「E-bike」(Eバイク)の存在が激しく気になって仕方がないスタッフ大高です。

春の陽気に誘われて気ままなサイクリングのはずでしたが、突然雨が降り出してきました~

田んぼに降る前

小雨ですが路面がみるみる濡れてきました。でも、これぐらいの雨とドロぐらいならヘッチャラです!

「車両通行注意」・・・どんと来い!!

悪路も楽しく走れるデュアルスポーツプラス

日常の直ぐ側にオフロードは点在するもんですね。コーヒーを沸かすつもりでバーナー一式を持ってきましたが、雨脚が強まりそうなので断念。

雨のお花見となりました。

桜の花と電動アシストクロスバイク

気ままなショートトリップ、ポタリングにちょうどいい

良さげな小道を探しているうちに、気づけば自宅から4駅半ほど来た湖北台までたどり着いていました。
時間にして1時間半ほど。距離は20km弱です。

雨とクロスバイク

特に計画も立てることなく、気ままに走るのにはクロスバイクがちょうどいいですね。スタンドを立てて写真撮影がすぐできますし、Uターンも辞さないような未踏破の坂道でも臆することがないですし。

サイクリングロードとEバイク

追い風に乗って手賀沼サイクリングロードで帰ろうと思います。

途中走れそうな場所は極力未舗装の方を選択。。。

デュアルスポーツのバッテリー残量と走行距離

今回の総走行距離は35kmほどになりました。平均時速は20km/hで、バッテリーは1メモリも減っていませんでした。
フル充電だとターボモードで80km弱走行できるDS+ですが、今日のペースならまだ70km以上航続できるみたいです。案外バッテリーの持ちはいいものですね~。


E-MTBの日本導入も間近に迫っているようですので、次回はDS+をマウンテンバイクのコースに持ち込んで走りを検証してみようと思います。お楽しみに!