ENSエンデューロ富士見高原

マウンテンバイクファンの皆さんこんにちは、守谷店 色川です。
ENS(エンデューロナショナルシリーズ)第4戦(最終戦)富士見高原大会にオンザロードクラブメンバー総勢11名で参加してきました。

開催日:2017年10月21日(土曜)-22日(日曜)

場所:長野県富士見高原

スキー場を舞台に繰り広げられるエンデューロナショナルシリーズの最終戦、今回のコースは下りのタイム計測区間が3本(S1,S2,S3)の予定が台風の影響でS3は無しとなり、2本のステージとなりました。

S1 森の中の道幅広めのコースはペダリングが必要な傾斜の少ないコース、後半のドロップオフが雨の影響で難しい部分となりました。

S2 エンデューロシリーズ中最もテクニカルなコース。前半の森の中のシングルトラック、後半はゲレンデと変化があって楽しいです。(写真はS2への移動区間の登り)

S2後半のゲレンデは土曜日の試走時間後半になるにつれ雨の影響で泥んこ状態に。
こんな時はマッドタイヤが威力を発揮! ドライ用のタイヤではまともに走れなくなってきました。

日曜日のレース本番はさらに雨が強くなりましたが、こんな日でも走るのがマウンテンバイクレース!
紅葉も進む高原で泥んこ大会を楽しんだ者勝ち。

S1自分のスタート時間までの緊張感もたまりませんね。

他のライダーたちが走ったラインはとにかくツルツル、タイヤと路面と対話しながら走ります。

腰が引けてしまうと余計に滑るので積極的にバイクの真ん中に乗るのが大事。

MTBがどうにもコントロールできず笑っちゃうくらい楽しいと思えたら泥レースの勝者です!

クラブメンバーの皆さん果敢に泥のコースを走り、オオハシさんが年代別で1位&シリーズ年代別でも1位となりました!おめでとうございます。

色川はと言いますと、泥の路面でミス連発して総合19位でした。

S1で目に泥が入りコンタクトレンズだとまばたきしても泥が取れない事を初めて知りました・・・片目でS1後半を走り失速。

S2は第一コーナでいきなりスリップし転倒、そこから先もリズムをつかめず、試走時よりもタイムは良かった物の攻めきれず悔いの残る最終戦となりました。

レースでしか体験できない泥のコースで力を出し切れましたでしょうか?

そして接戦だったチームランキングの結果は2位となりました。

10ポイント差でライバルチームに負けてしまいましたが、オンザロードクラブメンバーが一丸となってポイントを取るためにも走り切りました。

今シーズンENSに参加して頂いたクラブメンバーの皆さんお疲れさまでした。そして一緒に走って頂きありがとうございました。

来年こそは1位を取りたいですね!

リザルトとシリーズランキングが大会ホームページにUPされています。

この記事が気に入ったら