もうすぐENTRY開始!茨城シクロクロス

こんにちは影山です。最近は柏新店舗の準備であちこちフラフラしていますが、シクロクロス方面の仕事も水面下で着々と進めております!

茨城シクロクロスシリーズ ポスターが完成!

2018-2019 season のポスターが完成しました。

このポスターは関東圏の「CX Love♡」なサイクルショップさんや、ご協賛各社様店頭、開催自治体の公共施設にて掲示していただいています。(掲示いただける団体様は影山までご連絡ください。土浦市方面は…追ってお届けします!)

茨城CXシリーズは、トレックジャパン様、ジョイフル本田様、ミズニタ自転車様をはじめ、多くの企業・団体様にご支援いただいております。重ねてありがとうございます。

今シーズンもオンザロードではこちら2レースを主管いたします。
・第2戦 取手ステージ supported by TREK(UCI Class2、JCXシリーズ第1戦)
・第4戦 土浦ステージ supported by 田島屋
(もちろんシリーズ全戦、OTRクラブで全面サポート予定です!)

実は開幕戦までたった50日!?

9月23日の国内シクロクロス開幕戦「茨城シクロクロス第1戦 城里うぐいすの里ステージ」、エントリー開始は、8月5日(日)午前0時を予定しています。

エントリーは「スポーツナビDo」から!
https://dosports.yahoo-net.jp/events/76377

今シーズンは多くの国内大会で、Yahoo株式会社の協力の元、このエントリーサイトを利用します。エントリーには「Yahoo ID」が必要になります。簡単なので、今のうちにIDを作っておいてくださいね~!

「スポーツナビDo はじめてガイド」はこちらから!
https://dosports.yahoo-net.jp/guide

第2戦取手ステージは8月中旬にエントリー開始予定です。カテゴリーによっては速攻で定員に達するので、エントリー準備はお早めにっ!

新シーズンのカテゴリーやルールに関することは、AJOCC(日本シクロクロス競技主催者協会)のサイトにアップされています。こちらもご確認くださ~い!
https://www.cyclocross.jp/about/rules-regulations.html

TREK New CX Bike も登場!

シーズンイン前、夏に導入される 新しいシクロクロスバイク。2019 CROCKETT 5 DISC(クロケット5ディスク)は、精悍なマットブラックをまとって登場!

フレームは超軽量 Alpha300 アルミニウム、コンポーネントは最新規格で武装し、死角はありません。「マットブラック」に「グロスブラック」のアクセントが効いています。

トップチューブの下半分には、これまた凝ったグラフィック。シクロクロスで要求される担ぎセクションでは「ここを持つとバイクの重心位置なのだ!」=バイクを安定して持つことができます。

軽さとトラブルフリーを約束する、シクロクロスシーンで定番のフロントシングルギア。「絶対にチェーンを外さない」ために、特殊形状のフロントギアと、TREK独自のチェーンキーパーを装備します。この組み合わせは、恐らく世界最強、最も確実な組み合わせでしょう!

ロゴのギラギラシルバーがまぶし~い!

TREK CROCKETT 5 DISC
216,000円(8%税込)

今年もニッポンのシクロクロスが始まる!

茨城シクロクロスも、はや6年目。私がAJOCC事務局のDirectionを担わせていただいてから3年目になります。せっかくやるなら流行らせたいなーという一心。なんだかあっという間です…。

日本のシクロクロスは、まだまだ世界の競技レベルに到達していません。全国主催者の共同体AJOCCとしては、まずは愛好者を増やすこと、そして広く世間の目に触れるべくメディアを活用をすること、を考えています。

国内愛好者数がどんどん増えるにしたがって見えてきた、カテゴリー構成のゆがみ、地域による人数格差。この3年でしっかりとしたデータから仮説を立てることができたので、この2点に絞って解決策を模索してきました。

もちろん私一人の作業ではないです、全国の主催者の協力、統計やプログラミングに関わる協力者が居てくれてこそです。

課題を是正するために必要な競技者数を逆算し、新シーズンのカテゴリー残留条件をAJOCCで算出しました。2年後には各地のレース会場がにぎわい、都心のビッグレースも地方のレースも活気ある争いが繰り広げられるはずです。(これは仮説の検証になります。)

競技レベルアップは次の世代に渡る課題になるので、そこに引き継ぐピラミッドの土台を作りたいなと…私が関与していられるうちに…強く思います。

とりま、「ニッポンのシクロクロスは、もっともっと楽しくなりま~す!」

さぁ今シーズンも、OTRクラブでは熱くそしてオモシロ苦しく、シクロクロスを楽しんで参ります。

カモ~ン、JOIN US !!