シマノの定番フラットペダルがモデルチェンジしました!

PD-M8040

長い間シマノのフラットペダルの定番商品だった「PD-MX80」が、この度モデルチェンジします。

PD-MX80はこれまで「SAINT(セイント)ペダル」という名前で、主にダウンヒルマウンテンバイク用としてのラインナップでしたが、その使い勝手の良さからマウンテンバイク向けモデルでありながら、街乗り用のクロスバイクなどにも使われてきました。

というより、シマノのフラットペダルはPD-MX80しかありませんでした(汗)

 

  • PD-MX80のボディをそのまま使用し、価格を抑えた廉価版を追加
  • 【大本命】XTグレードのフラットペダルの登場
  • SAINTグレードの本格的なダウンヒル用フラットペダルの開発

今回の変更点をまとめるとこんな感じになります。それでは順番に見ていきましょう。

コスパ重視 シマノ・PD-GR500

PD-GR500

まずはPD-MX80の継続販売モデル、PD-GR500です。

ボディは前作のPD-MX80と同じものを使っていますが、カラーがブラックとシルバーに変更され、これまであった「SAINT」ロゴもなくなりました。いわゆるノングレードの「Shimanoシリーズ」からの販売となります。セイントシリーズ特有のゴールドカラーを配したデザインから、単色に変更されているのでシティユースでも違和感がありません。

PD-GR500

前作のPD-MX80よりも定価で1,500円近く安くなった廉価版という扱いですが、内蔵されているボールベアリングの型番が同じなので、性能面でコストダウンされていることはなさそうです。表面が梨地になっていたり、ゴールドカラーだったロックブッシュがシルバーになっているので、表面処理等でコストを抑えているのかも知れません。

PD-GR500
(左がスタッフ私物の使い込まれたPD-MX80。右が新作のPD-GR500)

ピンはPD-MX80と同様、ワッシャーを噛ませるか抜くかで、高さを変えられる仕様になっています。この辺に変更はありませんね。

シマノ PD-GR500
重量:535g
価格:7,237円(税込)

新定番 シマノ・XT PD-M8040

PD-M8040

今回新商品としてXTグレードからの発売となる「PD-M8040」が、純粋なPD-MX80の後継品となります。現行のシマノXT・M8000シリーズの一角をなすため、仕上がりが大変上品です!かつてあった「DXペダル」(PD-MX30)のような見た目をしていますね。

改良点その① 「スピンドルとロックブッシュの小径化」

これはスピンドル(ペダルの回転軸)とそれを固定するパーツを小さくすることで、踏み面の出っ張りが少なくなり、よりフラットする効果があります。

PD-M8040

踏み込んだ際に、ちょうど母子球(親指の付け根)に出っ張りを感じることがなく、自然なペダルフィーリングが体感できます。また踏み面がクランクに近づいていて、Qファクターが短いのもポイントが高いです。

改良点その② 「2種類のサイズ展開」

今回よりSMMLの2種類が用意され、靴のサイズに合わせて大きさが選べるようになりました。
SM(100×105mm)がシューズサイズ36-44に、ML(110×115mm)がシューズサイズ43-48に合わせてあります。(全幅×全長)

旧型のPD-MX80が107×104mmだったことと、横から見たシェイプが菱形からややボックスに近い形状に変更されたので、SMサイズの方がトレイルライドには向くかもしれません。

全長が伸びたMLサイズは、トレイルの起伏では大きく感じるかもしれませんので、単純に足のサイズだけではなく、用途に合わせて選ばれたほうが良いと思います。

PD-M8040

細かな変更点を上げると、ピンの形状がやや変更されイモネジのような形になりました。標準では3mmの高さが取り付けられていて、付属の5mmのピンに付け替えることで、自分好みにチューニングできます。前作のPD-MX80の貫通ボルトタイプに比べてほんの少し軽量になっているかも知れません。

シマノ・PD-M8040
重量::469g
(SMサイズ)・514g(MLサイズ)
価格:9,684円(税込)

トレイルライドの強い味方 シマノ・SAINT PD-M828

PD-M828

最後にご紹介するのが、本家SAINTグレードとしてダウンヒル・オールマウンテン向けに用意されるPD-M828です。既に発表済みの商品ですが、6月中旬の入荷を予定しています。

サイズは、XTペダルのSMサイズとMLサイズのちょうど中間にあたる105mm×109mmですが、最大の違いはその薄さです。PD-MX80と比較しても、約一割(最大で2mmほど)薄くなっています。

PD-M828

薄型のペダルはシマノ以外の多くのメーカーからも出ていますが、ボールベアリングを使わずに金属や樹脂ブッシュを使っているところが多く、回転性能はあまり高くはありません。ボールベアリングを使っていて手頃な価格で、なおかつシマノのようなビックブランドから発売となると、これは注目せずに入られませんね!

シマノ PD-M828
重量:477g
価格:15,483円(税込)


3種類に数を増やしたシマノのフラットペダルですが、用途が微妙に違うので、ご自身にあったものを吟味した上で選びましょう!もしそれでもわからないことがありましたら、オンザロードスタッフまでお問い合わせ下さい!