気になるプロジェクトワンをシミュレートしてみた!

雨で走れず悶々としているそこのアナタ!
そんな日はローラー台で自らを追い込んだ後、妄想を膨らませトレックの自転車カスタマイズプログラム「プロジェクトワン」で自分だけの1台をシミュレーションしてみるのはいかがでしょうか?

こんにちは守谷店向井です。
今回は2018モデルでフルモデルチェンジした、エモンダSLRを例にシミュレーションしてみましょう。

フレーム重量640g!それもフレームサイズ56(H1)での数値である事に驚き、
軽量化されたにも関わらずフレーム剛性が上がりオールラウンドな走行性能となったエモンダSLR。
試乗したスタッフ全員が「欲しい・・・」とつぶやいたモデルです。

さて、プロジェクトワンと言えばトップグレードの自転車のみで「どうせ高いんでしょ?」とシミュレーションすらした事も無い方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そう言わずLet’sプロジェクトワン!

ピンクフレーム
か、軽い!軽すぎる!! 最早、語彙力が低下せざるを負えない2018エモンダSLR。 フレーム設計を一新し、新たな乗り物へと進化を遂げ、重量も走りも軽くなっています!

割りとリーズナブルな?エモンダSLR

さっそく作成した完成車の仕様は・・・
①アップチャージ無しのフレームカラー。
②R8000機械式アルテグラドライブトレイン。
③パラダイムコンプホイール。
④VR-Cアルミハンドル。

を選択する事で、完成車税込価格¥620,240で作成可能です。
最近発売されたばかりの電動変速機、アルテグラDi2、8050を選択しても・・・
税込価格¥713,120で作成可能です。

いかがですか?プロジェクトワン=車体価格100万円越え!というイメージが変わったと思います。
2018年モデルのエモンダSLRは前年度モデルよりも性能アップしましたが、価格は¥100,000以上も下がり、手が届きやすくなりました!

忘れちゃいけないエモンダSLR Disc

そして忘れてならないディスクブレーキモデル!ほぼ同じ写真に見えますがブレーキに注目して下さい。
リムブレーキモデルからプラス¥43,200(税込)のアップチャージでディスクブレーキモデルのバイクを作成可能!
天候に左右されない制動力がもたらす安心感は、特にツーリング派の方にはベストな選択です。

そして更に、最近発売された油圧ブレーキ対応の電動変速機アルテグラDi2を選択すれば、
速度コントロールもギアチェンジも楽々な快適バイクが作成できますよ!
ディスクブレーキモデル+アルテグラDi2、8050/70なら税込価格¥756,320で作成可能!

番外編・エモンダSLRフレームセット

シミュレーションサイトでは現在選択できなくなっていますが、プロジェクトワンでは、フレームセットの販売も有ります。
2018年モデルは上記のフレームカラー「トレックセガフレード」のチームカラー(赤)はアップチャージ無しで選択可能!
リム&ディスクブレーキ仕様共に税込価格¥411、480で作成可能!となっています。

オーバーホールついでに、いっその事フレーム交換!なんて事も悪くないのかもしれません・・・。
妄想をこれでもかと膨らませ、是非オンザロードにご相談下さい!
皆さまのご来店お待ちしています。

守谷店 向井

この記事が気に入ったら