【簡単!】外れたチェーンの直し方

こんにちは、つくば店永島です。
今回はチェーンが外れてしまった時の対処法をご紹介します。

チェーンが外れる(落ちる)原因としては、段差や転倒した時や変速をした時、変速機の調整がしっかり出来ていない場合です。
無理やり直そうとすると、フレームに傷が付いたり、パーツを壊してしまうことがあるので注意が必要です。

出先でも簡単に直すことが出来るので、この機会にやり方を覚えておきましょう!

チェーンが内側に落ちてしまった場合

チェーン落ち 内側

チェーン落ち 内側 裏

1:リアディレイラーのプーリーケージを進行方向に押す

プリーケージの押し方

プーリーケージを進行方向に押し込みます。これでチェーンがたるみ、ギアに引っ掛けやすくなります。この時に、シフトがインナーに入っているか、確認してから直すようにしましょう!

2:チェーンをインナーギアに引っ掛ける

インナーに引っ掛ける

インナーに引っ掛ける 上

チェーンを掴みインナーギアの上側から引っ掛けていきます。
ギア全体にチェーンを引っ掛けなくても、上側にある程度引っ掛け、後輪を浮かしペダルを進行方向に回せば、全体に引っ掛けることができます。

チェーンが外側に落ちてしまった場合

チェーン落ち 外側

1:リアディレイラーのプーリーケージを進行方向に押す。

プリーケージの押し方

内側にチェーンが落ちてしまった場合と同じく、まずはプーリーケージを押してチェーンをたるませます。この時はシフトがアウターに入っているか、確認して下さい。

2:チェーンをアウターギアに引っ掛ける。

アウターに引っ掛ける

チェーンを掴みアウターギアの上側から引っ掛けていきます。インナーギアに比べてギアが大きいので、少し引っ掛けるのが大変かもしれません。

アウターに引っ掛ける 上

アウターに引っ掛ける 前

インナーギアに引っ掛ける時と同様で、上側にある程度チェーン引っ掛けることが出来たら、後輪を浮かしペダルを進行方向に回せば、全体に引っ掛けることができます。


チェーン落ちは、誰でも一回は経験する事なので、直し方を覚えていれば落ち着いて直すことが出来ます。

また、乗っている自転車がしっかり整備されているか心配な方もいらっしゃると思うので気軽に点検を受けに来て下さい!