2017年トライアスロンシーズンの締めに!

はるばる来たぜ静岡県!

こんにちは守谷店向井です。

茨城から330キロ、時間にして5時間の道のり、今シーズン個人的ラストレース「サンライズイワタトライアスロン2017竜洋大会」参加の為、静岡県磐田市まで行って参りました。


前日に受付と説明会を済ませておきました。

レースはスイム2キロ、バイク70キロ、ラン20キロで行われ、参加者は350名となります。今年は700名もの応募が有った様で参加できただけでもラッキーです!

大会参加するにあたり・・・

レース10日前から練習量を落とし、疲労を抜く。

レース3日前から水分を普段よりこまめに摂取、食事も炭水化物の割合を多くしておきます。

こうする事で体内にエネルギーと水分を体内に蓄えていきます。

私の場合はこの様な方法で体をピークに持っていきます。

体をピークに持っていく方法が確立できれば、レースはより楽しめると思います。


当日は5時起床。ゆっくり朝食をすませ、運動するには丁度良い気温で理想のレース日和!海沿いとあって風はかなりきつそうですが、辛いのは皆同じ!張り切って行きましょう!

今回のレースでの補給食
向かって左からレース2時間前に摂取した梅丹「2RUN」。

レース1時間前に摂取した梅丹「サイクルチャージ」+「サイクルチャージカフェインプラス200」

梅丹「サイクルチャージカフェインプラス100」とパワーバーの「トップスピード」は最も疲労するランパートで摂取する予定です。


スイム編(2キロ)

1周1キロのコースを2周回、水は濁っていますが水質は悪くありませんでした。泳いでいる時は常に目印となる風車が見えるのでコースから外れる事も少なく、尚且つ後方からスタートした為接触もほぼなくリラックスして泳げました。しかし、タイムは悪くスイム2キロ:42:51通過237位、100mにすると2:06のペース・・・プールでならゆっくり泳いでも100m1:50で泳げるのですが、オープンウォーターになるとタイムを落とし毎回撃沈しています・・・。


気を取り直してバイク編。(70キロ)

バイクコースは、なんと!スズキ自動車のテストコースを走行できます。6.5キロのコースを10周回、道幅も広く走りやすかったのですが、海沿いという事もあり風が強く、ほぼフラットなコースながら脚を消耗しやすいコースでした。が、今年から乗り換えたスピードコンセプトの巡航性能はピカイチ!TTバイクのポジションは速度低下も少なくひたすら追い上げる展開で総合78位まで順位を上げバイクパートを終えました。

バイク70キロ、タイム2:00:33(バイクラップ30位)通過78位。

移動タイム1:54:08、平均速度36.1キロ

バイクパートでのヘルメットはやはり巡航速度向上に貢献するボントレガーのヘルメット「バリスタ」。

自作のスペシャルドリンクはレッドブル+水+CCDクリアレモン2本。CCDクリアレモンは水に溶けやすいのでドリンクに混ぜて補給しています。


最後の粘り!ラン編。(20キロ)

最後のランでは10キロのワンウェイコースを2周回の20キロ、ランスタートから往路は向い風!ピッチ走法でリズムを掴み、ラン2キロ地点で補給食、「トップスピード」を補給、折り返し地点である5キロ地点でも梅丹の「サイクルチャージ」を補給しペースダウンを防ぎました。

後半は脚が攣りペースダウンしましたが20キロを1:30:35(ランラップ13位)で無事に完走できました。

記録4:13:59、総合33位、年代別7位という結果で今年ラストのレースを終える事ができました。


これにてトライアスロンシーズン終了!ですが、すでに来年4月開催の宮古島トライアスロン大会もエントリー開始されモチベーションを落としている暇はありません。今年参加したトライアスロンは全て可もなく不可もないといった結果ばかりだったので来年はうまく修正していきたいです。

秋から冬の間も練習会開催中です。皆さまもそれぞれの目標に向け、共に成長していきましょう!

ありがとうございました。

守谷店 向井

この記事が気に入ったら