NEW!!エモンダSLR

EMONDA SLR

か、軽い!軽すぎる!!
最早、語彙力が低下せざるを負えない2018エモンダSLR。

フレーム設計を一新し、新たな乗り物へと進化を遂げ、重量も走りも軽くなっています!

注文しちゃいました!

いつもブログ見ていただいてありがとうございます。
つくば店の増井です。

今回、TREK WORLDにて新型が発表され、悩みに悩んで2週間。
プロジェクトワンで注文しちゃいました(汗)

トレックワールドの記事では細かい点まで掘り下げて紹介はできませんでしたが、今ブログではその”細かい”部分まで見ていこうと思います!

ピンクフレーム

こちらが、エモンダSLR増井スペシャルになります。
ÉMONDA SLR F/S Radio active Pink /Radio active Yellow

TREKのプロジェクトワンの画面で見ていたカラーの感じとは大きく雰囲気が変わりました。

このラジオアクティブピンクのカラーは下地の上にラメが入り最後に薄くピンクを乗せているのか、近くで見ると控えめにキラキラしていて、角度によっては少し青みがかって見えるのが特徴です。

エモンダALR5マットチャコール
こんにちは、つくば店スタッフの増井です! 先週から梅雨入りしたにも関わらず、晴れた暑い日が続いてモチベーションがじわりじわりと削られている中… 「なんだかモ
バッテリー搭載
遡ること2年。世界最大のバイクショー「ユーロバイク」にて発表されたSRAM Red eTap(スラムレッド イータップ)。 このコンポーネントはただの電動変速にあらず!変

肝心の走りはどうかというと・・・。

・初速の加速感も良し

・スピードが乗ってきた時の安定感も良し

・登りも軽くテンポよく走れる

なんというか…文句の付け所のないフレームと言ったところでしょうか。

先日紹介させていただいたエモンダALRも、あそこまでアルミフレームをアップチューンしたことがなかったので感動的な加速感を感じましたが、SLRは更にその上を行く感じ…。

重量の軽さによる初速の軽さに、カーボン特有の柔らかさが走りをサポートしてくれます。


oclv700
SLRシートチューブ

そして、前モデルより軽量化に成功したというフレームは果たして安定した走りは出来るのかという疑問も浮かんできますが、それも問題なし!

エモンダSLRはh1、h2フィット関わらずでoclv700カーボンになるので、SLの500カーボンより硬く踏み込みにしっかり反応してくれます。加えてシートチューブが長方形のようになり、

パット見変わった感じはないですが、細かいところでTREKの持てる技術すべてを盛り込んでるのが伝わってきます。


気になるエモンダSLRの重量

そして皆さん気になる重量はと言うと...

6.4kg! (サイズ54、H2Fit)
使用している機材は機械式(ワイヤー式)デュラエースやアルミホイールで電動やカーボンホイールと比べると重量は上がってしまいますが、それでもUCIの規定する6.8キロを簡単に切ってくれます。

UCI=Union Cycliste Internationale 国際自転車競技連盟

今回、SLRに使用しているパーツで目を引くものとすれば、ボントレガーXXXステム一体型ハンドルでしょうか。
この一体型ハンドルは脅威の220gと超軽量設計…。他社の一体ハンドルはエアロ形状だったりと重量としてはわりと重くなってしまいがちですが、このハンドルに関してはシンプルな形状とOCLVカーボンで他を圧倒する軽量性を持っています。

ボントレガーXXX


更に、今回は機械式デュラエースで組んでいるためシフトワイヤーなどの取り回しも少々気を使いました。
ALRの方と同じく左前ブレーキで組み、シフトケーブルはカルフォルニアクロスと呼ばれるヘッドチューブのところでクロスするように通す取り回しを選択しました。

カルフォルニアクロス

見た目もスッキリしブレーキは自然な取り回しになる分、引きが軽くなり長距離走った時でもしっかりした制動力を発揮してくれます。
レースやロングライドでガシガシ使っていきたいと思います!


エモンダSLR9

エモンダSLR8

ただ今つくば店では、他にも2色のカラーのエモンダSLRが展示してあります。
1台はtrekチームカラーのエモンダSLR9で、デュラエースDi2や例のフルカーボンサドル「ボントレガーXXX」が付いています。値段が値段で普段なかなかお目にかかれない代物です!

プロジェクトワンでは自分好みのカラーやパーツを取り付ける事ができます。シュミレーションは無料ですのでぜひ試してみて下さい!
TREK-ProjectOne 公式ページ

この記事が気に入ったら