グラベルロードバイク「TREK CHECKPOINT SL5 」インプレッション

チェックポイントSL5試乗

ロードバイクの中でも新たなジャンルとして「グラベルロードバイク」と呼ばれる車種が注目を集めているのをご存じでしょうか。

”グラベル”とは砂利や未舗装路(オフロード)の意味で、欧米を中心に従来のロードバイクで舗装路(オンロード)を走るだけでは飽き足りないライダー達が砂利道などの未舗装路も走っちゃおう!と言う自由な発想がグラベルロードバイクを生みだしました。

トレックのグラベルロードバイク「CHECKPOINT」のインプレッションをお届いたします。

路面を選ばない万能バイク


CHECKPOINT SL5 (チェックポイント SL5)

フレーム:500 Series OCLV Carbon
フォーク:Checkpoint carbon, flat mount disc brake, 12mm thru-axle
コンポーネント:Shimano 105 2×11速
カラー:Gravel
サイズ:49, 52, 54, 56, 58cm
価 格:320,760円(税込)

幅広いタイヤサイズに対応しています

走りの軽さ、グリップ、乗り心地のバランスが良い35mm幅の太くて山の低いブロックタイヤを装備しています。

タイヤとフレームのクリアランスを稼ぐ為に左右非対称で独特なチェーンステー形状がチェックポイントの特徴ともなっており、カーボンフレームだからこそできる形状です。

35mm幅のタイヤは余裕のフレームクリアランス。さらに太い45mm幅まで履く事ができより荒れたオフロードを果敢に走破できます!

様々な工夫が施されたフレーム

カーボンフレームの乗り心地の良さに加えて、シートチューブがしなる事でサドルへの衝撃を吸収するトレック独自のIsoスピードを装備し、荒れた路面やロングライドで快適な走りができます。

前輪が巻き上げた石がダウンチューブに当たった際にフレームを守るカーボンアーマーが装備されているので安心です。

後輪の取付位置を調整できる構造で、後輪とクランクまでの距離を短くすれば走りを軽快に! 長くセットすれば安定した走りに変更できます。またギア変速無しのシングルスピードにも対応でき、こんなところにも遊び心が詰まっています!

キャンプツーリングや長距離ライドにもピッタリです!

チェックポイントはオンロードとオフロード合わせて二倍のフィールドを楽しめるバイクなので、走る距離だって二倍以上に伸びるかも!そのために、喉が乾かないようにボトルが最大4本も取付できるフレームとなっています。
またキャリアや泥除けなども取り付けられるネジ穴を各所に設け、通勤やキャンプツーリングなど多彩な使い方ができるバイクです。

コンポーネントは新型のシマノ105が装備され、長距離やグラベルライドでもスムーズなギアチェンジが可能です。後輪のギア比はオフロード走行に合わせた11-34のワイドレシオで急な山道にも対応できます。 
ブレーキもシマノ105の油圧ディスクブレーキで、ハイスピードな下りや雨天時でも少ない力で安定した制動力が得られます。

試乗インプレッション

舗装路での走行は500シリーズカーボンとIsoスピードによる乗り心地の良さと、太いダウンチューブによるペダリングの力がしっかり推進力になっていることが良く感じられ、これはエンデュランスロードのドマーネと良く似ています。
タイヤが通常のロードバイクより太くブロックタイヤのため、急加速は重く感じますが、徐々にスピードを上げて行き巡航に入ると良く走ってくれます。
ハンドリングは安定感があるため、ロードバイクの軽すぎるハンドリングが怖いと言う方にもお勧めです。

試乗障害物

オフロードでは太いタイヤが良く仕事をしてくれて、通常のロードバイクではタイヤが滑ったり小石に弾かれてまともに走れない砂利道でしっかりグリップし、路面の凹凸を吸収してくれます。
オフロードで安定するフレーム設計のため、急な下り坂やタイトコナーでふらつきにくく安心して走る事ができます。
ではもっとタイヤの太いマウンテンバイクの方が良い?と思うところですが、チェックポイントの方が走りが圧倒的に軽いうえに長距離を走るとMTBのフラットハンドルよりドロップハンドルの方が握る位置、姿勢を変えられるため身体が疲れにくいです。

オンロードでのスピード感や長距離を走る楽しさ、オフロードでの自転車を操る楽しさを高いレベルで両立させる事ができるのはトレックの高い技術力の証しでチェクポイントは一台でいろいろ楽しめ、実用性のある万能バイクです!

オンザロード守谷店 色川