バーテープを変えてロードバイクをイメチェンしよう!

こんにちは、つくば店のマスイです。
最近一層と寒くなってきましたが、皆さんは自転車楽しんでますか??

自転車にはシーズンごとの楽しみ方があります。
例えばスタッフ稲見が先のブログで話していたような、バッグにキャンプ用小道具を潜ませて休憩の時にコーヒーを淹れるような楽しみ方です。

稲見
冬とは・・・。 もともと寒いのが苦手なのですが、歳をとるにつれだんだん寒さに弱くなってきました。 こんな季節

乗りながらの楽しみ方は様々ですが、寒いと乗るまでに中々モチベーションが上がらない・・・。
そんな時は気分を一新させるためにロードバイクを衣替えしてみませんか?

ロードバイクの衣替えとは?

ロードバイクの衣替えとはなんぞやとお思いの方いると思います。
衣替え・・・すなわちバーテープ類の色を変えてみましょう!ってことです^^b

大体のロードバイクは純正で黒のバーテープがついています。
確かに黒は無難に落ち着いてまとまってくれるので良いのですが、気分をまるっと変えるのであれば違う色にしてみるのもありですね!

自分のバイクの状態を確認してみましょう!

実はバーテープも定期的に変えたほうが良いものになります。
というのも、ハンドル周りは汗がよく落ちる部分になるのでバーテープにどんどん染み込んでいき、長い間使用していると汗臭くなってしまったり場合によってはハンドルの腐食にもつながってきます(ハンドルの腐食、ほんとにあるんです・・・)

落車や壁に立てかける時、地面に横にする時に擦って傷ついてしまうこともあります。黒だとこういったのも目立ちませんが、明るい色になると結構目立つんですよね~・・・
こういったタイミングにかこつけて変えるのもありです!

実際に変えてみた

とりあえず変えようってことで自分のバイクからバーテープを外してみました。
伸びてます、傷が少しあります、なんなら裏面ちょっと黄ばんでしまってます。

今までギアパーツ、ワイヤーの交換などしてきましたが上半分だけ外してなんとなく再利用をしてましたが、もうそろそろ限界かなってことで交換。
交換する車種はピンクのエモンダSLR、使うカラーが悩みどころです。

迷った結果、黄色系統にしようということでいくつか持ってきました!

同じ黄色でも微妙な色合いの違いや触った時のタッチ、巻の厚さが変わってきますので好みに合わせて選ぶのが吉です。

これはまた違う車種も混ざってますが、こんな感じ(下図)で巻いていきます(バーテープ巻き、一人じゃ写真取るのに限度があるんで撮ってもらいましたw)
模様があればそれが出るように、どれくらいの厚さで巻くかも個人で変わってきます。自分は薄め派なのでテープ同士の重なりは極力小さい面積で抑えて巻きます。

巻き数、握り具合、厚さの確認をするのにだいたい半分くらいまで行ったら一回ストップしたりもします。
下ハンドルの中途で止めてしまうのも切りが悪いので基本的にはシフトレバーを境に上と下で分けて確認(いやぁ、黄色は目立ちますね、これ。)

完成!!!
無難に黒で良いかなと思いましたが少し冒険して黄色・・・悪くないですね^^b
フレームロゴに合わせた色なんで、変になるってことはなかったんでよかったです。

1年くらい前は攻めたカラーにしてた時もありました。それも個性ってことですね。

スマートな見た目

どんな時に交換するのが良いか

前述の通り傷が入ってしまった時、汚れが溜まってきた時に単発で交換するのもありです。
他のタイミングとしては、スタッフ渡邊が紹介したようなブレーキをグレードアップでワイヤーも含めて交換するようなメンテナンスの際に一緒にするのがオススメです!

ボントレガーブレーキ
こんにちは、オンザロードつくば店の渡邊です 寒さがいよいよ本格的になってきました。年末に向けて忙しくて自転

もう2018年も終わりに近づいてきているこの時期に、メンテナンスに出して気分を一新して新年に臨んでみてはいかがでしょう?!