冬は走らにゃソンソン!シクロクロス走行会【小貝川】

こんにちは、柏店かげやまです。

私カゲヤマ、四季を問わず自転車に乗るようになって久しいですが(元来はキャンプツーリストだったので)、今年は・・・もしかして・・・暖かい?40を超えたせいか、気温に対する耐性が、良い意味で鈍くなってきたような・・・。

自転車、そしてレースを楽しむために体調管理が欠かせません。うがい、手洗い、ホッカイロ、「3種の神器」を駆使して乗り切っていきましょう!

冬が楽しいシクロクロス。1月14日「シクロクロス走行会」のレポートです!

冬が美味しいシクロクロス

「茨城シクロクロス 取手ステージ」の会場としておなじみの、小貝川リバーサイドパーク。取手市の多大なるご協力のおかげで、常設コースエリアである「冒険ランド」は普段から自由に走ることができます。

2019年もこの貴重な環境を維持できるよう、努力していきましょう!

隣接する小貝川ポニー牧場は、天気が良い日はポニーさんたちがの~んびり、草を食んでおられます(^^) 日常生活の癒しを求める方にもぴったりの散策エリアです。

変わってこちらはシクロクロスが大好きな、OTRのお馬さん一行(失礼)。レースシーズン真っ只中ということもあり、井戸端会議も盛り上がります。

次のレースどこ行くの?
最近セッティング変えたんだけど?
そうそう、誰誰さんがシクロクロスに興味あるって…?

シクロクロスシーズンは、もう折り返しなのですよね。早いような、うれしいような、悲しいような。メンバーにとってこんなに秋冬が楽しいのは、シクロクロスがあるおかげでしょうか?

オフロードならではのバイクとの一体感、そして地面との対話。土の上ならではの癒しがあります。

こんな走り方をしています

最近、人数が集まったときには「2列並走」に挑戦しています!動画にある通り、とても低速でぐるぐると走ります。(動画は1/3の初乗りの時です。動画協力:山田さん@茨城CX)


オンロードではトライできない走り方ですが、閉鎖されたエリアであるここ冒険ランドならOK。前後だけでなく左右にも密集してゆっくり走る、ただそれだけ。でもやってみると難しくて、そして楽しいんです!

実際のレースでも、左右に選手が近寄って走ることがありますよね?相手の動きに合わせた予測運転と、危機回避。時々、わざと肩をぶつけてみたりします(意外と転ばないものです)。

ぶつかっても焦らず、転ばないためにはどうすればいいのか?を感じることができます。ついでに言うと、2列走行はずっとおしゃべりが出来て楽しいのです(^^)

アフタートレーニングはのんびり

ここ冒険ランドは、公共の自転車走行空間ということもあり、CXシーズン中は関東一円からライダーが走りに来ます。今日も東京のトレックコンセプトストアご一行がいらしていて、なんだかCrockettクロケットとBooneブーンだらけ。

面白いからみんなで集まってみました。えーと、並びは車種別・年式別がいいのかな?

ついでに集合写真。イエーイ!(セルフタイマー、結構大変でしたネw)

さてと、クールダウンがてら、最後は付近をぽたぽたとサイクリング。小貝川ポニー牧場の管理棟ではアイスとコーヒーを販売しています。アイス120円、安いです。今日はポカポカ陽気だったので、思わずみんなでアイス。

さぁ、1月末の大会も近付いてきました!体調管理に気を付けて、走り続けていきましょう!

このページが気に入ったら