ロード中級ライド 10月

「もっと楽に、もっと速く、もっともっと遠くに!!そして楽しく!!」
ライドに参加して下さったの皆さんの走り終えたあとの楽しそうな笑顔をみると切にそう願います!!


こんにちはつくば店 堀越です。
私の担当するライドに参加された皆さんがその中で何か一つ気づきや発見があって今後のライドのバリエーションを拡げるられるよう、毎回様々なライドのシチュエーションを楽しんで頂けたらと思います。

今回フォーカスしたのは、「無駄」についてです!!

ペダルを漕げば前に進む、自転車ってシンプルな乗り物です。

でも世の中の道具ってシンプルなものほど奥が深いものです。
楽器を奏でる、文字を書く、料理を造る・・・
躰を道具として使い走る、唄う、叩き組み合うといった単純すぎる動作ほど個性がでる。だからこそそこにランナーや歌手・格闘家といったプロが存在する価値も出てくる・・・チョット話が脱線しかけました。

チョットした坂を利用してシンプルに進ませる感覚を認識してもらいます。
片足を外すことによって、効率よいペダリングを嫌でも意識させられます。力任せに乗り切っても2・3本と後が続くなくなります。

左右片足の後は、インナーローで最後まで登り切る練習です。
軽すぎるギヤ比で走行することで自ずと高ケイデンスとなる中で澱みなく綺麗にペダルを回せるか。
無駄なく、ムラなく、無理なく前に進ませることだけをシンプルに考える・・・そんな練習でしたが。翌日私が一番疲れていました。


更にそのペダリングコースの下りコーナーを利用してエコノミーラインの見極めです。
同じコーナーを何度も反復するうちに、自然とスムーズなライン取りが出来ていました!!センスあります!!
必要以上のブレーキは、前に進もうとするエネルギーを削ぎ、そしてまた速度を得るためにペダルを踏み直すという2つエネルギーの無駄を繰り返すだけになってしまします。
そしてブレーキシューとリムも削り減らします。

人気のない住宅街とはいえ、バッチリウエアを揃えた大人の自転車のりがグルグルと周回する様は他所様にはどう映っているでしょうか!?
しかもみんなメニューの実践中は真剣そのもの。


締めは、河川敷の無信号区間での集団走行。
初めての集団走行だと緊張しますよね!!それも経験が解決してくれます!!

皆さんの経験値が上がるにつれ、集団の一体感も増してくると、自転車特有の楽しさを得ることが出来ると思います。
集団走行で同じ時間を共有していると、会話する以上にシンパシーが得られる気がするのは私でけでないはず!!

あと数回この様な練習会を重ねた後には、そんなんシンパシーが醸成されるようなロングライドを企画してみたいと思います。

まだまだ2回目で殆どの方が初対面に近ような状態の集団走行にも関わらず、無事にライドが終了出来たのは、皆さんの協調性と協力あってのことに尽きると思います。ありがとうございました。
また来月も一緒に愉しんで頂けたらと思います!!

このページが気に入ったら