ロード中級走行会・1月【つくば店】

塵も積もれば山となる、
一踏み一踏みも振り返れば高みに至る


こんにちは、堀越です。
ペダルを廻し続ければいつかは必ず高みに至るヒルクライム。
小さな峠でも頂上にたった時には気分が良いものです。

さてさて、冬場の筑波山。
標高が高くなる分寒くなるのでは!?と思われる方も多いでしょ。
確かに気温は高さに応じて低くなりますが、自転車の場合勾配がきつほど運動強度が高まり走行スピードが落ちるので空冷効果が効かずに、体内から発する熱を保持出来るため適切なウエアを着用すれば温かなライドが可能になります。
そんな理由から、冬場の中級ライドは山籠りです!!

余力を残して頑張りすぎない練習

ひっそり静かな白瀧林道

先月に続き、決められた距離・タイム・強度を自身でコントロールしながらちょと勾配のある峠を登ります。

平均7%の区間を10分✕4本 皆さんにとってはだいぶゆっくりなペースから入っていただき、4本目に余力がちょっと残るくらいのさじ加減にしてもらいます。
体幹部は充分に温まっていても、表層の薄い膝関節など暖まりにくく冷えたところに高付加がかかると怪我もしやすいのでこの時期は充分に注意しましょう!!

登り10分、下りと休憩10分 汗をかかないほど良い時間配分
今回は20分1サイクルが、発汗しすぎることもなく汗冷えもない頃良いものでした。

頑張ったあとにはご褒美があります

勾配キツめの白瀧林道から表つくばスカイラインに出ると緩斜がだいぶ緩やかになります。
先程までの7%勾配に馴染んだ脚は、錯覚するような軽さを得られます!!
「今日一日にして自分が強くなた」気分にさせてくれます!!

「あと50㍍で今日の登り完結」
最後の最後まで手抜きせずに完結出来るって大切ですね!!
時間にしたら1%にも満たない微々たる差かもしれれませんが、気持ちの上では大きく変わってくると思います!!

一通りメニューを消化してからのコーヒー休憩
「もう今日は登らない」と思うと休憩も和やかに過ごせるようです。
2019年が皆さんにとってよい年でありますように!!

【お願い】次回ご参加される皆様へ
2月も引き続く山籠りを予定しております。今回同様最終局面まで補給ポイントがない可能性がありますので、各自補給食を持参ください!!

このページが気に入ったら