ロード山スペシャル 3月

こんにちは、堀越です。
3月21日 春分の日 春には程遠いような冷たい雨が降っていますね。
雨の休日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか!?

さて先週は、春を通り越して20℃近くまで温かい日がありましたね。
筑波山近辺の梅も満開、花粉も全開で花粉症の私も一苦労しておりますが、乗らずに我慢して治るものでもないので、怯むこと無く花粉発信源の山にこもって山スペ敢行です!!

御足並拝見 足並み揃えて 周回練

今回の山スペはメイン練習を2本立てで構成しました。
まず1品目は、『鬼越峠周回1時間走』
過去の山スペでも何度か登場したコースです。1往復5㌔ 15分前後で刻んでいきます。
このコースの基本は集団走行に徹して、周回毎の丘ダッシュに注力することです。

スプリントがかかると一気に集団が伸びはめて・・・

10秒もするとだいぶ車間距離が開いてきます。
見通しよい直線上り坂で、安全に全力走行が出来ます!!全力でも最終スピードが20㌔出ない二次曲線的な傾斜です。

一分にも満たない全力走になりますが、回数を重ねてくるとしっかり追い込めてるのが実感出来ます。
この全力走のパートで大切なのは通過順位ではなく、どれだけ使用可能な力を絞り出せたかに尽きると思います。

周回コースなので走力に差が出ても安心です。
登りでついた差は、下りのニュートラル区間で取り戻して再度集団走行を立て直します。

「紅一点で男性陣にかじりつく走り」頑張る姿は、その周りの人々のモチベーションも高めてくれます!!

 山スペ史上最大負荷 湯袋・風返し峠リピート×3

きっちり1品目のメニューを消化したあとは、補給を挟んでの2品目のメインメニュに取りかかります。

八郷側からの湯袋峠経由の風返峠まで、5.8㌔ 獲得標高350㍍ を3本。 トータル1時間で1000㍍になるように。
ここでの狙いは、日本各地で行われる主だったヒルクライム大会が、20㌔前後の距離で獲得標高が1000㍍の範囲に収まって、それに対する耐性を高めるものとして試みてます。

敢えて1時間走後のフレッシュではない状態でに実施するにも少し考えがあります。
皆さんが活き良い状態でヒルクライムになると、1本目がMAXで、2本目、3本目とタイムが減衰する傾向があります。
1時間を通して効率的に走るペースを把握するには、最初の入りを弱めにして後半に上げながら、2本目・3本目もそれを維持するペース配分が実際のレース感覚に則したものになるのではないかとの考えです。
頭では理解っていても元気だとついつい飛ばしたくなる気持ち分かります、自分もそうなので、だから足を疲れさせとくのです。
終わってみれば21分/19分/19分と予定通りの正味1時間いい練習になりました。

3本目が終わるとヘロヘロでした。過剰な演出なしで皆さんうなだれてます。

食事もトレーニング せっかくなら美味しいものを

よいトレーニングあとは素早く栄養補給です!!この後私はお店に戻り店頭業務に立ちますのでその分も見越してたっぷり食べたい所です!!

集合場所近くに良いお店がオープンされました。
北条の商店街で今月開業された『釜揚げうどん あおやま』さんです。不動峠を下って自転車で5分の好立地。

疲れた胃にも優しくうどんが溶けるように流れて行きます。うどんは勿論にして茹で汁も美味い!!
茹でる際にうどんから出た塩気含んだ茹で汁、運動で失った分を補うようにお椀の分全部を飲み干してしまいます。


関西出身の若いご主人が丁寧に調理されてます。
今後の更なる発展に期待がもてそうで楽しみです!!

来月こそは春本番の桜花の中で走れる事でしょう!!
桜のように楽しい時間はあっという間に過ぎ去るものです、春山で自転車ライフ謳歌しましょう!!

このページが気に入ったら