ロード山スペシャル 1月【つくば店】

今年の寒さもこの辺で底打ちでしょうか!?
山の麓、8時出発は相当気合のいる季節になりました。


こんにちは、堀越です。
最近、手先・足先の末端冷え性が極度に激しく、これから先歳を重ねるごとに更に進行してしまうのか思うと憂える日々です。
繊維産業に新たに革新的素材が登場して、冬の寒さから開放してくれないかと妄想的に願っています!!
逆に体の冷却機能がそのまま夏に活かされるなら・・・と思うと、夏が楽しみになります!!

数年来閉鎖されていた朝日峠が復旧したので・・・

昨年末、大雨による斜面崩落でしばらく通行止めになっていた朝日峠が復旧したのでこれまでなかった新しいコース練習を考えてみました。

その名もオノノコマチ エンデューロ 今回は2時間ノンストップで。
コース中央の小野・小野越地区には平安時代にの歌人 小野小町が山越えしたとされる伝説から旧峠は小野越峠と呼ばれているそうで、そこから拝借しました!!

写真左手の不動峠頂上から、表つくばスカイライン(山の稜線上)を経て写真右手の朝日峠を八郷方面に下り、再び裏不動からスカイラインに戻る、1周12.5㌔ 獲得標高380㍍の周回コースにて連続走行なるものを思いつきました。
コース上には信号が一箇所のみ、下り区間はすべて対向車線のある規格路なので走行中のリスクはかなり低いコースなったと思います。

仲良く安全に走りましょう!!

安全に走るのは勿論のこと、仲良く強調して走るのは意外と難しものです、こと峠に関しては尚更のこと。
「せっかく2時間も走るのに勢いに任せてバラバラではもったいない、皆が脱落しないギリギリのところで余裕のあるライダーが先頭で風受け係になり後方支援に回りましょう。」とみんなで確認してスタート。

1周目・コース確認をしながらベース固め と言いつつ一人逃げ!?が出現
2周目・少しペースアップして淡々と刻む 逃げ切ってしまうのか!?と思えるほど差は開くが焦らず、焦らず
3周目・ちょと頑張りつつ最後の裏不動で出し切る 逃げを吸収して出し切る、2時間の疲労は想像以上

一息付きたい朝日峠の頂上もスルー、あと2回通過しますよ!!

登りで開いた差もほんの少しの気遣いと脚力でカバーしあいます!!
先頭で露払いをしながらペースメイクした三人。先導ありがとうございました!!

そこそこ寒い午前中でしたが、ペースをコントロールしながらノンストップで走ることで汗をかきすぎることもなく、また汗冷えもなく走行中は寒さも気にならないくらい集中出来ました。日向の急勾配は丁度よい気温と負荷バランスで体幹まで温められますね。

いよいよ最終回、かなり真剣な表情。遊びでここまで本気になれるの羨ましいです!!


新企画ものにしては皆さん充実したライドになったとの感想を下さり安堵いたしました。
何よりも、最後までまとまってグループライドができたのは、引率する立場の私にとっては最大の収穫でした。
回数を重ねながら人数・強度・楽しさを増して行きたいところですが、欲張らず地道にやっていきましょう。


次回の予告になります!!

2月16日 の山スペは・・・
平地でも協調したグループライドが出来るのか!?!?というスッポト企画です。

利根川往復100㌔、折返しで麹を用いた定食に特化した「みちの駅 神崎」で舌鼓!!
スポット企画ですので、イベントカレンダーを確認していただいた上で【堀越】まで参加表明下さい。

このページが気に入ったら