TREK DOMANE SLRシリーズ【2019年モデル】

domane slr

2019年モデルの販売は終了しました。最新モデルはこちら↓になります。

domene SL5
ついに新型ドマーネのカーボンモデルが発表されました!一昨年のEmonda(エモンダ)、昨年のMadone(マドン
こんにちは、守谷店の西山です。 トレックから2020年モデルの「ドマーネSL・ドマーネSLR」が発売されました

「Domane」(ドマーネ)シリーズは、2012年の登場以来トレックの代表作として、そしてエンデュランスロードバイクの傑作として親しまれているモデルです。

格式あるクラシックレースのパリ~ルーベ最難関アランベールの石畳フランドルの激坂で培われたドマーネのDNAは、さらなる進化を遂げ2世代目となりました。

ドマーネシリーズの最高峰として君臨するハイエンドグレード「Domane SLRシリーズ」は、従来モデルに比べ横剛性を最大30%まで高め、圧倒的なパワー伝達率を誇っています。ですがそれと同時に新たなイノベーションの開発によって、縦方向の衝撃吸収性を高め、スムーズで疲れにくい走りを可能にしています。
 

  • 重量を増やすことなく衝撃吸収性を向上させたISOSpeedテクノロジー
  • ペダリングパワーを余すことなく推進力に変えてくれるOCLVカーボン
  • 「乗り心地」と「パワー伝達率」、背反する2つの概念を高次元で実現

全ては勝利のために

トレックのプロチーム「Trek-Segafredo」の協力の下開発された現行モデルのドマーネSLRは、クラシックレースの悪路にも対応すべく、実験データを収集からはじまりました。

アメリカ・ウィスコンシン州ウォータールーのトレック本社の敷地内には、アランベール・フォレストの石畳の精巧なレプリカを設けられ、ライダーにかかる負担を計測して新型モデルのテストが行われたほどでした。

ウィスコンシン州ウォータールーのトレック本社

フレームのカーボン素材には航空宇宙産業レベルの「OCLV600シリーズカーボン」が用いられています。トレック独自のカーボン素材OCLVは弾性率と強度を高次元で融合させており、薄く軽量に仕上げられながらも同時にしなやかさも持ち合わせています。従来モデルに比べて高められた横剛性は、ライダーの力を余すところなく後輪に伝えてくれることでしょう。

ドマーネSLRはOCLV600シリーズカーボン

逆にタイヤから伝わってくる不快な微振動や突き上げ感は、トレックが生み出した振動吸収の新たなイノベーション「ISO Speed」(アイソスピード)テクノロジーによって見事に吸収し、よりスムーズで疲れにくい走りを可能にしています。

調整可能なリアISOSpeed

ドマーネシリーズの最大の特徴は、シートチューブに“しなり”を生み出し路面からの突き上げを吸収するリアIsoSpeedテクノロジーです。
サドルからクランクにかけて伸びるフレーム「シートチューブ」とトップチューブの接合部分
ダンパーやサスペンションのような重量物を用いることなく、ロングライドやラフロードでの疲労を軽減させてくれます。

domane SLRの調整式

第2世代となった新型ドマーネSLRは、このリアISOSpeedのしなり量を自在に調整できるように改良を加え、旧モデルに比べて最大で14%衝撃吸収性を高めています。

初採用となるフロントISOSpeed

2世代目となって大きくメスが入れられたのはシートチューブだけではありません。ハンドル直下のヘッド周りにおいても、フロントタイヤからの振動に対応させるため「フロントISOSpeed」を開発し、全モデルに採用しました。

全モデル採用

前作のドマーネにおいても、弓なり形状のIsoSpeedフロントフォークを採用し路面からの衝撃を軽減させていましたが、今作ではフレームのヘッドチューブ内に収められる「ステアリングコラム」もしならせることで、従来モデルよりも衝撃吸収性を向上させました。

継承されるエンデュランス・ジオメトリー

長距離乗っても疲れにくく安定した走りを実現するために、ドマーネSLRシリーズでは「エンデュランス・ジオメトリー」を採用しています。

Domane SLR 6 Disc WSD

他のモデルよりもボトムブラケット取り付け位置を低くすることでライダーの重心を下げ、ヘッドを長くすることで上体を起き上がり気味にしています。さらにホイールベースも長く設計されているので、平坦の安定性が優れていてふらつきづらく、楽な姿勢でライドを楽しむことができるのが特徴です。

ダンシング
こちらのモデルの販売は終了しました。最新モデルのインプレッション記事はこちら↓になります。 https:/

ディスクブレーキがもたらすメリット

高い制動力を軽いタッチで実現する油圧式ディスクブレーキ

新アルテディスク

ドマーネSLRで採用しているディスクブレーキはすべて油圧式で、路面が濡れているようなシチュエーションにおいても安定したブレーキングが可能です。また、ラフロードを長時間走行して指先に力をかけづらくなっても、軽い力でブレーキがかけられるので、これも油圧式ディスクブレーキがもたらしてくれるの利点ですね。

スルーアクスル採用でフレーム全体に剛性をもたらす

ディスクブレーキモデルでは、一般的なクイックレバータイプと異なる「スルーアクスル」タイプのホイール固定形式を採用しています。車体側に雌ネジが切られており、ハブを貫通した車軸をねじ込んで固定させます。

固定力が向上

直接アクスル(車軸)を固定することで、余計なたわみを抑えフレーム剛性を上げています。よりダイレクトなペダリングフィールを可能にしてくれる上、車体に対してホイールを確実にセンターに固定してくれるメリットもあります。

太いタイヤでロングツーリングがさらに楽に

SCHWALBE G-ONE オールラウンド

ディスクブレーキによる恩恵は制動力だけではありません、ディスクブレーキ採用によって今までつけたくても断念していた太いタイヤが入るようになりました。ディスクモデルで使えるタイヤの幅は最大で35cです。

ドマーネSLRとグラベルタイヤ

グラベルロード用の幅35mmのタイヤ(上記の写真はSCHWALBE G-ONE オールラウンド 700c35c, 5bar)を装着してもクリアランスが保てるように設計されているので、これまで踏み入れられなかったようなフィールドに足を伸ばすことができますね!

主なラインナップ

Domane SLR 6 Disc

DomaneSLR6Disc

カラー: Matte Trek Black / Gloss Battleship Blue
フレーム:600 Series OCLV Carbon, Front ISOspeed, Adjustable Rear ISOspeed, flat mount disk breaks
フォーク:Domane carbon disc, carbon tapered steerer, 12mm thru axle
ドライブトレイン:Shimano Ultegra 11速
サイズ:47, 50, 52, 54, 56cm
価 格:594,000円(10%税込)

ProjectOneで自分だけの1台を!

TREKのカスタムオーダーバイク「ProjectOne」を利用すれば、自分だけの1台を作り上げることができますよ!豊富なカラーやペイントスキームはもちろん、スプロケットの歯数やステム・ハンドルのスペックやサイズを自分好みに代えられます。

domane slr

フレームセット単体やキャリパーブレーキモデルのご選択もできます。キャリパーブレーキモデルなら、フレームサイズが54以上に限定されてしまいますが「OCLV700シリーズカーボン」とヘッドの短い「プロエンデュランス・ジオメトリー」をセットで選択することもできます。


TREKのホームページで実際の組み合わせをシミュレートできるので、ぜひお確かめください。

TREKのプロジェクトワン公式サイト