TREK Checkpoint ALR5 / SL5 【2020年モデル】

Checkpoint ALR5

「Checkpoint ALR5」(チェックポイントALR5)・「Checkpoint SL5」(チェックポイントSL5)は、新しいロードバイクのカテゴリーのグラベルロードに属すモデルです。
一般的なロードバイクと違って、未舗装路(グラベル)も走れるように太いオフロード向けタイヤを装着しており、キャンプ用品などのアウトドアギアを積載できるような設計になっています。

  • 積載性と登坂性を重視したトラクターのようなロードバイク!
  • 最新トレンドのグラベルロード。しかし原点に立ち返った堅実なモデルでもあります。
  • コンポは最新の105コンポで統一、フレームはカーボン製と軽量アルミ製をご用意。

グラベルロードバイクってどんな自転車なの?

グラベルロードは、未舗装路でも対応できるようにしたロードバイクの派生モデルです。ツルツルのスリックタイヤを履いた一般的なロードバイクとは違い、ブロックがついたデコボコのタイヤを履いているので、砂利敷の林道や多少のぬかるんだオフロードでも走行できるようにしています。

Checkpoint ALR5

2020年モデルの新色「マット アキシナイト」は自然とよく馴染むアースカラー

また荷台や泥除けを取り付けたり、バイクパッキング用のバックを取り付けしやすい構造になっているので、テントやシュラフ、カメラや遊び道具を満載して、アウトドアライフをより満喫したい方が楽しめる自転車になっています。

bikepacking

シクロクロスバイクとの違い

よく比較される車種が、オフロードで行われるレースの「シクロクロス」に使われるモデルです。

TREKのラインナップでいう「Crockett」(クロケット)や「Boone」(ブーン)ですが、これらのシクロクロスモデルはレース向けに作られており、軽量化のため荷台を取り付けるダボ穴(アイレット)が設けられていません。またレースの特性上、フロントシングルのギアを採用しているケースが多いです。

かつてはシクロクロスモデルもダボ穴があり、フロントダブルギアが一般的で、ツーリング用に転用しているライダーさんも多かったのですが、ここ数年はレース用に特化したモデルが多いようです。TREKの場合は、そのラインナップの隙間を埋めるために追加されたのが、グラベルロードだとも言えるのです。

Crockett

クロケットはフロントシングルギアの軽量なレースバイク

荷物をたくさん載せてのロングツーリングや、山間の道での登坂性も重視するなら、フロントダブルギアを採用したチェックポイントのほうがオススメです!
逆に積載性を無視して、ラフロードも軽快に走れるロードバイクをお探しなら、シクロクロスモデルがオススメです。

Checkpoint ALR5/SL5の特徴

チェックポイントには、入門グレードの「AL」と、軽量なアルミ素材を使用した「ALR」、贅沢にもカーボン繊維をフレーム素材に奢られた「SL」の3車種がラインナップされています。

Checkpoint ALR5

アルミフレームモデルの「Checkpoint ALR5」はTREKのアルファ300アルミを採用。

本稿では上位グレードのALRとSLをご紹介していますが、ご予算に限りがある場合はチェックポイントALシリーズもおすすめです。

trek checkpoint al3
「Checkpoint AL」(チェックポイントAL)は、これからスポーツサイクルを始めようと思っているビギナー

ワイドなタイヤとユニークなフレーム設計

前輪を支えるフロントフォークは、タイヤとのクリアランスを広げるために20mmほど足の長いカーボン製のものを装着しています。

フロントフォークが長くなると、本来は上体が起き上がるアップライトなポジションになりがちですが、チェックポイントALR/SLではその分ヘッドを短くし、ロードバイクと変わらない低い乗車姿勢になるようにフレームを設計しています。

Checkpoint ALR5

短いヘッドと足が長くタイヤクリアランスの大きなフロントフォーク

タイヤは昨年の2019年モデルよりも2サイズほど太い、700×40C(タイヤ幅40mm)の「Bontrager GR1 Comp」を採用しています。空気圧を下げれば、砂利を弾くような林道や田んぼの畦道でも快適に走れそうです。

また、最大で45Cの超幅広タイヤを組み込めるように設計されていて、標準サイズのタイヤであればフルカバーの泥除けも装着可能です。

Checkpoint SL5

カーボンモデルのSL5はチェーンステーを左右非対称にし、クリアランスを確保している。

ヘッドが短くなった分トップチューブは水平に近い形状になるので、フレームバッグが取り付けしやすくなっています。キャンプ用のギアを綺麗にパッキングしたい方には嬉しいフレーム設計になっていますね。

Checkpoint ALR5

軽量化を目的としたロードバイクとは違い、荷台用のアイレット(ダボ穴)も省略されることなく設けられています。TREKのカーボンモデルのロードバイクとしては、チェックポイントSL5が唯一リアキャリア用のアイレットを設けたモデルとなっています。

Checkpoint ALR5

フレームサイズやモデルによっては、ダウンチューブ側に2本分のボトルケージを取り付けられるアイレットが設けてあります。

Checkpoint SL5

それぞれ中心よりもオフセットした位置にあるので、フレームバッグを装着してもボトルが装着できるようになっています。

フル積載でのロングライドを支えるギアとブレーキ

リアには最大34Tのカセットスプロケットが付いていて、ワイドなギア比になっています。荷物を載せた時の登坂性を考慮してのことだと思いますが、坂道をのんびり走りたいユーザーさんにはグッとくるスペックですよね。

Checkpoint ALR5

ストラングホールドと呼ばれる、トレック独自のチェーン引きが組み込まれているので、シングルギアに換装することもできますし、泥除けを取り付けた時のタイヤクリアランス調整も簡単です。

Checkpoint ALR5

チェックポイントALR5、チェックポイントSL5はいずれもシマノの105の組み合わせになっており、フロントは50-34Tのフロントダブルのクランクが組み込まれています。

Checkpoint ALR5

ブレーキも各コンポーネンツと同様にシマノ・105で、チェーンにいたるまで全てシマノ製で統一してあります。

2020年モデルのラインナップ

Checkpoint SL5

CheckpointSL5

Gravel

フレーム:500 Series OCLV Carbon, Rear IsoSpeed, Stranglehold dropouts
フォーク:Checkpoint carbon disc, carbon tapered steerer, flat mount disc brakes, 12mm thru axle
ドライブトレイン:Shimano 105
サイズ:49, 52, 54, 56, 58
価 格:346,500円(10%税込)

インプレ記事はこちらから↓

チェックポイントSL5試乗
ロードバイクの中でも新たなジャンルとして「グラベルロードバイク」と呼ばれる車種が注目を集めているのをご存じでしょ

Checkpoint ALR5

CheckpointALR5

Matte Axinit

フレーム:300 Series Alpha Aluminum, Stranglehold dropouts
フォーク:Checkpoint carbon disc, alloy tapered steerer, flat mount disc brakes, 12mm thru axle
ドライブトレイン:Shimano 105
サイズ:49, 52,54, 56, 58
価 格:240,900円(10%税込)