クロスバイクの決定版!TREK FX3 Disc【2020年モデル】

2020年モデル FX3 Disc

幅広いラインナップを持つTREKの自転車の中でも、最も人気のある自転車の1つ「FX3 Disc」は、クロスバイクの基準となるようなモデルです。
より快適な走行感を追求した1台なので、気軽なポタリングやショートトリップ、通勤・通学に至るまで、幅広い方々に支持されています。

  • 快適で誰にでも扱いやすい、クロスバイクの決定版!
  • サイクリング・フィットネスでの使いやすさを重視した新型ギアとブレーキ
  • フレームを全面刷新し、クロスバイクとしての完成度を高めました

FX3 Discはこんな人にオススメ!

TREKのクロスバイクは、スタンダードな「FXシリーズ」と、ロングライドにも対応したスポーツモデルの「FX Sportシリーズ」の2系統が主軸となっています。FX3 DiscはFXシリーズの最上位モデルで、クロスバイクらしい気軽さと実用性、そして快適さを兼ね揃えたモデルです。

FXシリーズは日常での使いやすさを重視したモデルなので、ポタリングやサイクリング、通勤やお買い物などの用途にクロスバイクを検討されている方にオススメの自転車です。

2020年モデル FX3 Disc

トレックを代表するクロスバイク「FX3 Disc」

逆に50~60kmを超える距離、時間に換算して2、3時間を超えるようなロングライドにも挑戦してみたい方は、上位モデルのFX Sportシリーズやロードバイクを検討してみるのもいいかもしれません。

2020年モデル TREK FX S4
トレックの「FX SPORT 4」(FX S4)は、よりスポーティーで長距離のツーリングにも適したクロスバイクで

FX1・FX2・FX3と3つあるFXシリーズの中でも、FX3 Discは快適な走行フィールを支える装備が充実した上位モデルです。
FX3 Discの代表的な装備の「カーボン製フロントフォーク」は、手や腕に伝わる不快な振動を軽減してくれる上、FX1やFX2に装備されているスチール製、アルミ製のものと比べて軽量です。

2020年モデル FX3 Disc

路面からの衝撃を吸収するIsoZoneハンドルバー&グリップ

また手に伝わる不快な振動をさらに軽減するために、ハンドルにはTREKオリジナルのゲル素材を用いた「IsoZoneバー&グリップ」が装着されています。

FX3 Discはこういった装備が充実しているので、気軽に自転車を楽しみたい、または空いた時間でフィットネスをしたい、そしてなるべく快適なスポーツ自転車を選びたい方に特に評価されています。

新しくなったフレーム

新型モデルではフレームを全面的に刷新し、シフトワイヤー・ブレーキケーブルを内装化。上位モデルらしいプレミアムな塗装をまとって新登場しました。

アルミフレームとカーボン製フロントフォークの組み合わせは、従来のFX3から変更はありませんが、TREKの上位モデルのロードバイクやマウンテンバイクからの技術的なフィードバックを活かすようなフレーム設計が組み込まれています。

2020年モデル FX3 Disc

ワイヤー・ケーブル類が内装化されました

改良が加えられている代表的な箇所は、立体的に造形された後輪側のセクションです。
上位グレードのマウンテンバイクに見られるような「曲げ」を多用しており、路面からの衝撃の応力を逃がすような構造になっています。またフロントダブル化したギアや、クロスバイクに採用されるやや太めのタイヤ(32c~35c)に対して最適化された設計となっています。

2020年モデル FX3 Disc

新型ギア・ブレーキに合わせてセットアップされたフレーム

街乗りやお買い物といった実用面での使いやすさ、そして快適性を向上するための「クロスバイク専用」の設計を、TREKが独自に突き詰めた結果がこの新型FX3 Discだと言っても過言ではないかもしれません。

2020年モデル FX3 Disc

特徴的なカラーリングの多い2020年モデル

2020年モデル FX3 Disc

光るTREKロゴのカラーリングも・・・

また意匠の面で見ていくと、特徴的で鮮やかなカラーリングを多く採用しているのが2020年モデルの特徴のようです。
一部カラーではフレームサイドにあるTREKロゴに反射塗料を使っており、夜間車のヘッドライトで照らされるとロゴが浮かび上がるようなユニークなものもあります。

2020年モデルのFX3 Discの特徴

標準装備となったシマノ製の油圧ディスクブレーキ

2020年モデルよりFXシリーズはディスクブレーキが全車標準装備となりました。これに伴いFX3も車体名を「FX3 Disc」に改めています。
ディスクブレーキは、車輪中央に取り付けられた円盤状の部品「ディスクローター」をブレーキパッドで挟み込むことで車輪を制動しています。ストップ&ゴーが多い都市部でも確実に車体を止めることができますし、油圧式のディスクブレーキなら軽い力でブレーキが作動してくれるます。

2020年モデル FX3 Disc

シマノの油圧式ディスクブレーキ

メンテナンス性に関して少しテクニカルな話をすると、FX3 Discで採用しているシマノ製の油圧ディスクブレーキは、鉱物油を使用しているので作動油の劣化も少なく、高いメンテナンス性を誇ります。
初期段階でエア抜き等のセッティングがしっかりと施されていることが条件ですが、ワイヤータイプの他のブレーキと比較しても整備の頻度はそれほど変わらないと思っていいでしょう。

2020年モデル FX3 Disc

シマノ製コンポーネントで統一されたハンドル周り

昨年度まで販売していたFXシリーズでは、ディスクブレーキのモデル以外にも、従来のブレーキ(車輪を直接制動させるVブレーキ)のご用意がありましたが、新型となる2020年モデルよりディスクブレーキモデルのみの販売となります。

クランク周りを変更して回転性能と剛性感を高めています

2020年モデルでの大きな変更点の1つが2ピースクランクを採用したことが挙げられます。
TREKの自転車のラインナップでは、10万円以上のロードバイクやFX3 Discの上位車種「FX S4」などではおなじみの装備でしたが、今年度よりFX3 Discでも初めて採用しました。

2020年モデル FX3 Disc

フロント2段変速の新型ギア

端的にご説明すると、この2ピースクランク「シマノ ホローテックⅡ」は、従来のものに比べ軸が太くなり剛性が高めている上、軽量でベアリングの性能が向上しています。
ペダルを踏み込んだ際の力がダイレクトに後輪に伝わりやすく、メンテナンス性も高いなど様々なメリットが挙げられます。

2020年モデル FX3 Disc

2ピースタイプのクランクを採用

フロントギアの段数は今回のモデルより2段変速になっています。一般的に「フロントダブル」と呼ばれていますが、このFX3 Discの場合、2枚のギアをそれぞれ「通常走行用」と「登坂用」に使い分けるのがいいでしょう。

2020年モデル FX3 Disc

シャドータイプの9段変速

リアの変速機は従来どおり9段変速ですが、2020年モデルより出っ張りの少ないデザインの「シャドータイプ」になっています。誤って自転車を倒してしまった際、車体外側に対して出っ張りの少ないシャドータイプは変速機の損傷を最小限に抑えることができます。

2020年モデルのラインナップ

FX 3 Disc

軽量なカーボン製のフロントフォークを装備したFX3 Discは、32mm幅のタイヤを履いているということもあり、下位グレードのFX2 Discに比べるとより軽快な走行感です。
ギアがフロント2段リア9段となっており、気軽なサイクリングやポタリング、ちょっとしたツーリングにも適したモデルです。

FX3Disc

Crystal White

FX3Disc

Dnister Black

FX3Disc

Purple Flip

FX3Disc

Rage Red

フレーム:Alpha Gold Aluminum, DuoTrap S, post-mount disc
フォーク:FX carbon, post-mount disc
ドライブトレイン:Shimano Acera 2×9段
サイズ:S, M, L, XL
価 格:90,200円(10%税込)

FX 3 Disc Women’s

女性専用モデルでは小柄な方向けのXSサイズをご用意しています。

FX3WomensDisc

Magenta

FX3WomensDisc

Voodoo Trek Black

フレーム:Alpha Gold Aluminum, DuoTrap S, post-mount disc
フォーク:FX carbon, post-mount disc
ドライブトレイン:Shimano Acera 2×9段
サイズ:XS, S, M,
価 格:90,200円(10%税込)