TREK X-Caliber シリーズ【2020年モデル】

XCaliber8

TREKのマウンテンバイクシリーズ「X-Caliber」(エクスキャリバー)がフルモデルチェンジしました!
エクスキャリバーは、前輪側にのみサスペンションを備えたハードテールと呼ばれるカテゴリーのマウンテンバイクです。
フレームが軽量で他のモデルに比べて値段も手頃なので、クロスカントリーレースの入門用として、もしくは本格的なトレイルライドの良き相棒として活躍してくれること間違いなしです!

  • オフロードライド入門用として装備と価格のバランスが取れた1台
  • 全車エアサス採用でよりきめ細かいセッティングが可能に
  • 上位グレードでは最新モデルの12速コンポが選べます

X-Caliberはこんな方にオススメ!

エクスキャリバーシリーズは、弟分の「Marlin」(マーリン)シリーズよりも軽量で、本格的なオフロード走行も楽しめるようなマウンテンバイクです。マーリンと比較すると、サスペンション・ギア周り・タイヤクリアランスなど様々な要素において、よりマウンテンバイクライドに適したスペックを有しています。

マウンテンバイクを楽しむ

本格的なトレイルライドやレースも楽しめるモデル

特に新しくなった2020年モデルでは、全グレードでエアサスペンションが導入されており、上位グレードではより本格的なオフロード走行も楽しめるような、最新のコンポーネントを採用しています。

クロスカントリー向けのオフロードコースを走ってみたい!トレイルライドに参加してみたい!そんなビギナーの方の要望を叶えてくれるスペックに生まれ変わりました。

クロスカントリーのコースはこんな感じです↓

ふるさとの森
こんにちは、オンザロードつくば店の大高です。 茨城県を代表するマウンテンバイクコースの一つ、常陸太田市にありま

2020年モデルのX-Caliberの特徴

上位グレードはフロントシングルギア

3種類のラインナップがあるエクスキャリバーシリーズの中でも、上位のエクスキャリバー8エクスキャリバー9では、フロント側(ペダルの付くクランク側)に変速機を持たない、チェーンリング(ギア板)が1枚の仕様になっています。

XCaliber8

エクスキャリバー8・エクスキャリバー9はフロントシングルギア

シンプルな部品構成にすることで軽量化を図れるうえ、ドロづまりやメカトラブルを軽減することができるのが、この「フロントシングルギア」の特徴で、近年のマウンテンバイクではスタンダードになりつつあリます。

XCaliber8

スタビライザー付きのリアディレイラー

フロントシングルギアを可能にしているのが、悪路の走行や段差を越えた際にチェーンが暴れを抑制するスタビライザーを備えたリア変速機です。フロントのチェーンリング自体もチェーンが脱落しにくい「ナローワイド」と呼ばれる構造を採用しているので、激しいオフロード走行にもチェーンが外れるようなトラブルを防いでくれます。

一方、エントリーグレードとなるエクスキャリバー7では、従来どおりフロントダブルギアのクランクを採用しています。

XCaliber7

エクスキャリバー7はフロント2段変速

エクスキャリバーシリーズは荷台やキックスタンドも取付可能です。林道ツーリングやポタリング、通勤・通学などの用途でマウンテンバイクに乗りたい方は、フロントダブルを採用したエクスキャリバー7や、よりエントリーモデルとなるマーリンシリーズを検討してみるのがおすすめです。

全グレードでエアサスペンションを採用

マーリンシリーズなどのエントリークラスのマウンテンバイクでは、金属製のコイルばねとオイルダンパーを用いたサスペンションを使用しています。これは構造こそ違いますが、車やオートバイなどにも使われている一般的なサスペンションと同様のものです。

全車でエアサスペンションを装備

エア圧を調整することでバネの硬さを調整可能に

ですが人力で動かす自転車では軽さこそが正義!よりアグレッシブな走行感を生み出すために、エクスキャリバーグレードでは空気ばねを用いたエアサスペンションフォークを採用しています。上の写真のようにエア圧を変えることで、バネの硬さを変更でき、ライダーの体重や走行するコースによってセッティングを煮詰めていくことができます。

パンプトラック

コースによってサスペンションのセッティングを変えられる

ブレーキケーブル・シフトワイヤーの内装化

XCaliber8

ワイヤー・ケーブル類はフレーム内装となる

過去のエクスキャリバーシリーズでもワイヤーの内装はなされていましたが、新型モデルではリアブレーキワイヤーもフレームの中に収まっています。
またフロント変速機を持つエクスキャリバー7でも、サイドスイングタイプのディレイラーを採用することで、タイヤとのクリアランスを広げ、より幅の広いタイヤも履けるようになりました。

タイヤのクリアランス

ワイヤーの取り回しの変更でクリアランスが広がっている

29インチのホイールを履いたMサイズ以上のフレームでは最大2.4インチまで、27.5インチのホイールを履いたSサイズ以下のフレームでは最大2.8インチまでのタイヤを履かせることができます。

2020年モデルのラインナップ

X-caliber 7

最もベーシックなエクスキャリバー7は、軽量で本格的なマウンテンバイクを気軽に楽しんでいただけるモデルです。税抜き価格が10万円を切っているので、下位モデルとなるMarlinシリーズと比較候補に上がるグレードとなります。
2020年モデルからはフロントサスペンションフォークがエアサスにアップグレードされ、より細かなセッティングが可能になっています。

XCaliber7

Radioactive Red

フレーム:Alpha Gold Aluminum, E2 tapered head tube, internal dropper post routing, Boost141
フォーク:RockShox 30 silver, Solo Air spring, 100mm travel (13.5:80mm)
ドライブトレイン:Shimano Acera M3000 2×9
サイズ:XS, S (27.5″ Wheel) M, ML, L, XL (29″ Wheel)
価 格:106,920円(8%税込)

X-caliber 8

セカンドグレードとなるエクスキャリバー8は、チューブレスタイヤに対応したホイールとSRAMの新型コンポーネント「SX Eagle」(SXイーグル)を装備しています。
SXイーグルはリア変速が12速となっており、フロントクランク側を変速機のないシングルギアにすることで、軽量化とメンテナンス性の向上を図っています。レースや本格的なトレイルライドにも参加しやすい充実したパッケージングなのがエクスキャリバー8の特徴です。

XCaliber8

Matte Trek Black

XCaliber8

Matte Alpine Blue

フレーム:Alpha Gold Aluminum, E2 tapered head tube, internal dropper post routing, Boost141
フォーク:RockShox 30 silver, Solo Air, 100mm travel (13.5:80mm)
ドライブトレイン:SRAM SX Eagle 1×12
サイズ:XS, S (27.5″ Wheel) M, ML, L, XL (29″ Wheel)
価 格:128,520円(8%税込)

X-caliber 9

最上位グレードとなるエクスキャリバー9には、剛性の高い15mmスルーアクスルタイプのフロントホイールとサスペンションフォークを装備しています。
フロント周りの剛性感を大幅に上げるだけでなく、より上位のホイールにも履き替えやすくなっています。またサスペンションフォークには手元でロックアウトが可能となるリモート機能が備わっているので、即時サスペンションの機能を停止させたい状況の多いクロスカントリーのようなレースで効果を発揮してくれます。

XCaliber9

Teal / Volt Fade

フレーム:Alpha Gold Aluminum, E2 tapered head tube, internal dropper post routing, Boost141
フォーク:RockShox Judy Silver TK, Soko Air, 100mm travel (13.5:80mm)
ドライブトレイン:Shimano XT M81000 / SLX M7100 mix, 1×12
サイズ:XS, S (27.5″ Wheel) M, ML, L (29″ Wheel)
価 格:179,280円(8%税込)

このページが気に入ったら