【2020年度版】エントリークラスのロードバイクの選び方【9~19万円台】

エントリークラスのロードバイク

春の訪れまでまだいくらか日があるようですが、新生活をロードバイクとともに迎える準備をされている皆さんはいかがお過ごしでしょうか?そんな皆さんに入門用モデルを価格帯で分けてご紹介いたします!

ビギナー向けの入門用ロードバイクは、装備されているパーツの構成やギアの段数ではっきりと価格帯が別れています。雑誌やSNS、様々なブログなどでよく紹介されている10~15万円前後のロードバイクが入門用に適しているとされています。

ロードバイクの価格の違い

ロードバイクの場合、コンポーネントのグレードの違いで、およその価格帯を絞ることができます。コンポーネントとは、変速レバーや歯車のセットの総称で、コンポとも言われます。

10万円前後のモデルでは、リア変速機が8速の「Claris」(クラリス)または9速の「SORA」(ソラ)が組み合わされていることが多いです。

クラリスやソラは、通勤向けの実用車やツーリング車などに広く使われているロードバイク用のコンポーネントで、クロスバイク系のコンポとチェーンやスプロケット(リアの歯車)を共通させているので、耐久性が高くランニングコストが低く抑えられるメリットがあります。

10速モデルの「Tiagra」(ティアグラ)は、主に10万円を超える価格帯のモデルに採用されている長距離ツーリングを目的としたコンポーネントです。

また入門用モデルの中でも比較的上位車種に搭載されている「105」(イチマルゴ)は、さらに上位のモデルと同様に11段変速なので、将来的にグレードアップしやすいです。
105が搭載されているロードバイクは20万円前後のものがほとんどなので、予算に余裕があればぜひ選びたいところですね。

TREKのロードバイクのグレード

TREKのロードバイクは、モデル名の末尾の数字がグレードの違い、搭載しているコンポーネントの違いを表していています。

例えば、「Checkpoint AL4」と「Emonda ALR4」は異なったシリーズの自転車ですが、搭載されているコンポは10段変速のTigraである点が共通しています。

自転車を選ぶ際は、使用目的と大まかな価格帯でシリーズを絞り、用品類にいくらぐらい充てるのか、もしくはフレームカラーでグレードを選ぶのが良いでしょう。

TREKのエントリーロードのラインナップ

TREKのエントリークラスのロードバイクでは、

Domane AL(ドマーネAL)シリーズ
Emonda ALR(エモンダALR)シリーズ

の2つのシリーズを用意しています。ドマーネALは8~10万円台で、エモンダALRは14万円を超える価格設定になっています。
また、この2つのシリーズの間を埋める価格帯で、「グラベルロード」という新しいジャンルの

Checkpoint AL(チェックポイントAL)シリーズ

も2019年モデルよりラインナップに加わっています。チェックポイントALは上の2つのシリーズと異なり、オフロードや市街地で活躍できるような、やや変化球の車種です。

 

  • ドマーネALは実用性を残しつつ、コスパを重視したロードバイク
  • スポーツ機材としてロードバイクに乗るのならエモンダALRがオススメ!
  • 使用目的がまだ定まっていないのなら、チェックポイントALという選択も…

 

Domane ALシリーズ【~11万円】

ドマーネALシリーズは、9万円台のAL2で8速のクラリス、11万円台のAL3で9速のソラが組み合わされています。アルミ製のフレームを採用することで車体重量を9kg台に抑えており、実用性を残しつつ高いコストパフォーマンスを誇るモデルです。

domane al 2のギア周り

ですが、フレームでは上位グレードのカーボンシリーズと同様に「エンデュランスジオメトリー」を採用していています。重心を低くし前後の車軸間の距離を長めにとっているので、安定性が高く低速でふらつきにくいハンドリングに調整されています。

domane al 2 Royal

ロードバイク入門用モデルでありながら、侮ることの出来ない走行性能を発揮してくれるので、幅広い層の方に支持されているモデルです。

DomaneAL3

泥除けや荷台を取り付けできるような実用性もあるので、スポーツのための機材としてだけでなく、通勤・通学の相棒として長く乗っていただけるのが、このモデルの魅力です。

Domane AL 2 : 価 格:91,800円(8%税込)
Domane AL 3 : 価 格:113,400円(8%税込)

2019年モデルのドマーネAL2
手頃な入門用モデルとして人気のアルミロードバイク「Domane ALシリーズ」(ドマーネ ALシリーズ)は、上位

Emonda ALRシリーズ【14~19万円】

スポーツ走行を目的とし、トレーニング用の機材としてロードバイクを選ばれるのなら、Tiagra以上のグレードから選ばれるのが良いでしょう。エモンダALRシリーズは、14万円台の10速Tiagraのモデルと、19万円台の11速105のモデルの2グレードをご用意しています。

フレームの材質にアルミニウムを使っていますが、Domane ALに比べよりハイグレードなアルミ合金を使用しているので、より薄く軽く、そして美しく作られているのが特徴です。

エモンダALR5 パープル

上位のカーボン製のEmondaシリーズと同様に、史上最軽量に挑戦するDNAを受け継いでおり、フレーム単体960gというカーボンバイクにも匹敵する驚異的な重量をマークしています。

EmondaALR5DiscWSD

さらに「インビジブル・ウェルド・テクノロジー」と呼ばれる溶接面を滑らかに処理したトレック独自の技術を使っており、カーボンバイクのような美しいフレームに仕上がっています。

EmondaALR5

ツーリングだけでなく、レースも視野に入るような使用目的を考えているのなら、エモンダALR5がオススメです。ホイールやコンポーネントをアップグレードしやすく、将来的にさらなる軽量化や走行性能の向上を目指していくのも、こちらのモデルの楽しみの1つです。

Emonda ALR 4 : 価 格:145,800円(8%税込)
Emonda ALR 5 : 価 格:193,320円(8%税込)

エモンダALR5 パープル
カーボンに比べるとアルミフレームのロードバイクは重い物、そんなかつての常識を覆し、圧倒的な走り味とコストパフォー

Checkpoint ALシリーズ【12~18万円】

チェックポイントALシリーズは、上で紹介した2車種とは異なり、「グラベルロード」というカテゴリーに属したモデルです。グラベルとは未舗装路のことで、荒れた路面でも走れるように一般的なロードバイクよりも太めのタイヤを履いているのが最大の特徴です。

ロードバイクは通常25mm幅のタイヤを履いていることが多いですが、チェックポイントALでは32mm幅のタイヤです。僅かな違いに感じられるかもしれませんが、タイヤは空気が入ると筒状の立方体になるので、エアボリュームを稼げ、段差での乗り心地を劇的に向上させてくれます。

trek checkpoint al3

標準では溝のないスリックタイヤを履いているので、主に段差の多い市街地を走るのにピッタリです。制動力の高いディスクブレーキを装備していているので、オフロード向けのタイヤに履き替え、未舗装路に踏み込んでいける懐の深さも兼ね揃えています。

CheckpointSL6

また、ハンドルがやや起き上がっているので、市街地やオフロードでもゆったりとした姿勢で走ることができます。「スポーツ走行が目的じゃないんだよね・・・」といったユーザーさんでも取っ付きやすい「普段着のロードバイク」と言えるのがチェックポイントALです。

bikepacking

さらにドマーネALと同様、リアキャリア(荷台)を装備することができます。オフロードタイヤを履き、キャンプ用品を満載して山や河原に遊びに行くといった、新しい遊び方に挑戦するのには最高の相棒になること間違いないでしょう!

Checkpoint AL 3 : 価 格:135,000円(8%税込)
Checkpoint AL 4 : 価 格:価格未定(8%税込)

trek checkpoint al3
「Checkpoint ALシリーズ」(チェックポイントALシリーズ)は、これからスポーツサイクルを始めようと思

このページが気に入ったら