ウェットスーツ制作承ります!トライアスロンシーズンに備えましょう!

トライアスロンを始める上で必ず揃えなければならないアイテムの内の一つ!スイムパートで着用義務のある「ウェットスーツ」をオンザロードではオーダーにて制作する事ができます。

なぜウェットスーツが必要なのか?

国内で開催されているトライアスロンの大会は、ほぼ全ての大会でウェットスーツの着用義務があるからです。着用義務がある事に加え、ウェットスーツを着用するメリットはたくさんあります!

浮力がある

ウェットスーツには浮力があるので、体が浮きます。特に下半身が沈みにくくなるため、正しい姿勢をとれる様になり、少ない抵抗で泳ぐことができます。その為体力の消耗を抑える事ができます。

保温性がある

国内のトライアスロンシーズンは4月~10月に開催される事が多く、時季によっては水温が低く低体温症になってしまう場合があります。ウェットスーツには保温性がある為、低体温症を防ぐ事ができます。

プロテクターになる

コースロープで仕切られていないトライアスロンのスイムパートでは、他の競技者と接触してしまう事があります。接触する事による怪我防止の役割もあります。

オーダーするメリット

ウェットスーツには既製品も存在しますが、サイズチャート通りにサイズを選択しても違和感を感じる事が多くあります。その為、ウェットスーツはオーダー制作する事を強くお勧めします!

サイズが小さければ
・脱着に苦労する。
・窮屈に感じて動きにくい、特に腕が回しにくくなる。
・胸がしめつけられ呼吸がしにくくなる。

サイズが大きければ
・泳いでいるうちにウェットスーツ内に水が浸入し大きな抵抗になる。
・水が浸入してしまうとウェットスーツ自体が重くなり、動きにくくなる。

サイズ不適合によるパフォーマンスの低下を防ぐ為にも、全身20ヶ所以上を測定しウェットスーツを制作しています。

オーダー制作例

袖あり・なしの形状選択、ワンピース・セパレートタイプの選択、希望があれば生地の厚みを2~5ミリで指定する事もできます。

ロングジョン(袖無し、ワンピースタイプ)

背中にファスナーをつけています。

指定頂ければ、フロントにファスナーを付ける事も可能です。

セパレートタイプで作成し上をショートスリーブ・ロングスリーブの両方で制作しておけば水温による使い分けが可能です。

ロングスリーブの腕部分は動きやすさを考え、薄手の生地になっています。

脱着のしやすさを考え、裾にファスナーを追加する事もできます。(オプション料金¥3,960)


価格もフルオーダーで¥41,580~、納期も10日前後で制作可能です。体を測定する際はトライスーツなど体のラインが確認できるウェアを着用下さい。測定時間は20分程です。その他ウェットスーツに関するご質問も、お気軽にお問い合わせください。お待ちしております!

詳しい価格、測定箇所はこちらのPDFファイルをご覧下さい。(文字をクリックするとダウンロードが始まります。)
ウェットスーツオーダーシートPDF