ロードバイクの激坂登り

カーボンに比べるとアルミフレームのロードバイクは重い物、そんなかつての常識を覆し、圧倒的な走り味とコストパフォーマンスで登場以来大人気の「Emonda ALR」(エモンダ ALR)。
TREK史上最軽量のカーボンロードバイク「EMONDA SLR」の末弟であるALRもまた、アルミフレームでありながら世界最軽量クラスです。

  • エモンダシリーズの名に恥じない軽量アルミロードバイク
  • まるでカーボン!?美しい溶接のフレーム
  • パーツを替えて最高の一台を目指そう!

トレック史上最軽量のアルミ製ロードバイク

トレック最高峰の300シリーズアルファアルミニウム

トレック最高峰のアルミ

エモンダALRシリーズに採用されるのは300シリーズAlpha(アルファ)アルミニウム。最高の軽さ・しなり、そして乗り心地の良さを兼ね備えたアルミにより、カーボンにも負けない走りができるほどレベルの高いアルミフレームです。力強いペダリングや高速なコーナリングの力にも耐える、確かな剛性を実感できるのがこの300シリーズのフレームになります。

インビジブル・ウェルドテクノロジー

見えない溶接痕

トレックが採用しているインビジブル・ウェルドテクノロジー(目に見えない溶接痕)は文字通りフレームには溶接跡が見えなくなり、非常に綺麗ですっきりとした見た目となります。これによりパッと見ではカーボンフレームにしか見えないような作りになっています。大幅に溶接材を減らせるので軽量化ができ、それにより心配される強度と耐久性も落とさず作り上げています。

SLRをリスペクトしたフレームジオメトリー

同じジオメトリ

業界最高峰とも呼び声が高いエモンダSLRのフレームとジオメトリー(フレーム設計)が全く同じのALRシリーズは、重量こそ違えどアグレッシブな走りは完璧に実現しています。これによって高強度なレースやトレーニングから、ロングライドまで幅広い場面を一台でこなしてくれます。

究極の一台を目指すことが出来るエモンダALR

こだわりの一台を作るにはカーボンフレームが必要不可欠という時代は既に昔の話。エモンダALRシリーズはフレームセット販売がされており、ハンドルなどのフレームパーツから変速機系のドライブトレインまで全て自分で選ぶことが出来るのでこだわりの一台を組むことができます。さらには、カーボンフレームとは打って変わって12万円台と安価で手に入ることからコスパ最強フレームであることには間違いないです。

主なラインナップ

Emonda ALR 6

トレック エモンダ ALR 6

エモンダALRとディープホイール

フレーム:
Ultralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technoligy
フォーク:
Emonda carbon, carbon E2 tapered steerer
ドライブトレイン:Shimano Ultegra 11速
ホイール:Bontrager Aeolus Comp
カラー:Matte Dniser Black
サイズ:47, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62cm
価 格:320,760円(税込)

Emonda ALR 5

トレック エモンダ ALR 5

トレックで一番売れているロード

フレーム:
Ultralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technoligy
フォーク:
Emonda carbon, carbon E2 tapered steerer
ドライブトレイン:Shimano 105 11速
カラー:Matte Metallic Charcoal, Viper Red
サイズ:47, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62cm
価 格:179,280円(税込)

Emonda ALR 4

トレック エモンダ ALR 4

ロードの低価格帯モデル

フレーム:
Ultralight 300 Series Alpha Aluminum, Invisible Weld Technoligy
フォーク:
Emonda carbon, E2 tapered steerer
ドライブトレイン:Shimano Tiagra 10速
カラー:California Sky Blue, Solid Charcoal
サイズ:47, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62cm
価 格:139,320円(税込)