シーズン終了…茨城シクロクロスはどこに向かうのか?

こんにちは、柏の影山です。

3月は気温も環境も乱高下・・・春になかなか気持ちが切り替わらないなぁ~という方も多いのではないでしょうか?私もそんな一人です(笑)。

2月23日、私たちの主催するレースイベント「茨城シクロクロス 土浦ステージ」が幕を閉じました。9月の開幕戦から、年をまたいで2月まで。長かった長かった茨城シクロクロスのシーズンもこれで閉幕。

期せずして日本のシクロクロスのシーズン終了となってしまったのは周知の事実でしょうか?(-_-;) まあ切り替えて行こう!10月の取手ステージも台風で喪失だったし、長く続けているといろいろありますね。

大会が幕を閉じてからも、汚れた資材のお片づけ、会計処理、ごあいさつ巡り、各所届け出、などなどマキの進行。3月終盤になって、やっと落ち着いたかな~?さあ自転車乗ろう(笑)。

観戦ライドもありがとうございました~!!

どうも!つくば店の森谷です!今回はシクロクロス観戦ライドに行ってきました! 冬の嵐到来で大分大荒れな観戦ライド

イベント裏方のウラシゴト

公共の施設をお借りしての自転車競技大会開催も、はや7年が経ちました。各自治体の皆様と力を合わせて取り組んでおります。

僕たちが遊ばせていただいている地域の魅力を全国に発信しよう・・・思いは一緒です。

12月。開催準備の挨拶を兼ねて土浦市役所をご訪問。この冬から安藤市長の新体制、自転車熱が「さらに!さらに!」高まる土浦市です。

2月。茨城を拠点に活動する「弱虫ペダルサイクリングチーム」のメンバーと開催直前の表敬訪問。この日の模様は読売新聞に取り上げていただきました。

ついでの勢いで(?)、シクロクロス全日本チャンピオンの前田選手ともども、土浦駅ビル「PLAY atre 土浦」プレイアトレ土浦事務所を訪問。

駅前にわか撮影会になってしまいました(笑)。前田選手、番組宣伝へのご協力、ありがとうございました!

ご存知の通り、いま土浦がメチャクチャ熱いんです。サイクリングをテーマにした新たな駅ビル拡張。既存サイクリングロードの整備。極めつけは、サイクリストに優しいホテル「星野リゾートBEB5」の開業。
https://www.hoshinoresorts.com/resortsandhotels/omobeb/beb/5tsuchiura.html

遊ばなきゃ!走らなきゃ!この環境を楽しまない手はないです。

イベント裏方のオモテシゴト

さてさて大会前日。OTRクラブメンバー、地元の大会運営メンバーと一緒に、会場を作り込んでいきます。

大会メインスポンサーである土浦のお米屋さん「田島屋」様から、参加賞のお米「コメタブ」が400名分届きました!大会日付入りの特別バージョン・・・感動・・・でもこれって来年は使えないやつですよね?田島屋さんの心意気にスタッフ一同感謝!

本部テントと、宣伝バナー設営。せっせと進めます。

お昼休憩。お弁当を食べる口と、進捗状況を確認する会議の口と、それぞれが止まらない、ややうるさい(笑)。

お弁当も地元のレストランから届けていただきました~。これは美味しい♪

広い運動公園にコースを敷きつめるべく、OTR土木建設部、発進!(トラックの移動はとてもゆっくりですのでご安心下さい。)

走る人目線で、臨機応変にコースを描くOTRクラブメンバーの皆さん。安全に、かつダイナミックに。ありがとうございます!

自然相手のコース設営です。地面に隠れた岩、水たまり、時にはコースマップ通りに作れないときもありますが、コースマップ以上に面白くなるときも。

強風の大会当日

迎えた大会当日。春の関東らしい澄み切った空気。でも・・・朝なのに風が強い・・・。

予報通りの強風。いままでにない波乱含みの予感です。

今回の土浦ステージは、過去最多の参加者数と来場者数となりました。

開会式には土浦市イメージキャラクター「つちまる」くんが来てくれました~!えっ、今年の中のひと?そんな人はいませんよっ!

粛々と進む開会式、そしてレーススタート。そんな傍ら、交通誘導に尽力いただいたOTRクラブのカジカワさん、ありがとうございます!

「土浦といえばカレーでしょ」そう、土浦市はツェッペリンカレーやカレーフェスティバルでも有名な街。地元福来軒さんの美味しいカレーは、こんな日のランチによく似合う。

オンザロードのお取引先でもあり、業界きっての「おまつり屋さん集団」ミズタニ自転車。グッズ展示のみならず、ローラー台も、試乗車も、どうぞフィールドでお試し下さい!な大盤振る舞い。

強風に見舞われた一日。一説によると最大瞬間風速は15m以上だったと!いつもより装飾物が少ない、そしてコーステープの位置が低いコースでしたが、粛々と各カテゴリーのレースは進みます。

フクダさん、地元のレースを楽しめましたか?運営支援に、出走に、奔走していただきありがとうございました!

レースの模様は、掲載された各サイクルメディアからどうぞご覧ください!
【シクロワイアード】
『弱虫ペダルが盛り上げた茨城クロス最終戦 前田&織田コンビがワンツーフィニッシュ』

【産経デジタル cyclist】
『弱虫ペダルチームが全カテゴリーでトップに 茨城シクロクロス第5戦・土浦ステージ』

一年の感謝を込めてお片づけ

表彰式を終えて、日が傾き始める午後4時。スタッフ総出でお片づけ大会開始です。

最近はスタッフ皆さんの手際が良くて、助けられています。リーダーオゴウさん、いつもありがとうございます!

OTRクラブのマルヤマさん、疲労困憊なところありがとうございました!

恒例の「TREKスイングバナー」のお片づけ。この日は風で飛ばされたりしていましたが、枚数の欠落はナシ。

今日は弱虫ペダルサイクリングチームのメンバーもお手伝いに回ってくれました。感謝感激!

杭をまとめます。今日は「8本しばり」でナ。

一気に積み込む!順番が大切!

恒例のお片づけ後のスタッフ集合写真、夕暮れ前に撮ることが出来ました。

茨城シクロクロスチーム、Flecha(フレーチャ)さん、ウィンディつくばさん、イルクオーレさん、弱虫ペダルサイクリングチームさん、オンザロードクラブの皆さん、ほか遠くから近くから有志の皆さま。多くのお力添えで大会を続けることができています。

とてもありがたい繋がりに感謝しかありません・・・!

そしてシーズンが終わると?

シクロクロスシーズンが終わると、なにが始まるかお分かりでしょうか?

そう、新しいシクロクロスシーズンが始まるのです!(キリッ)

UCI(国際自転車競技連合)ウェブサイトにある通り、2020年10月「茨城シクロクロス UCI取手ステージ」の日程は発表済み。その他スケジュール発表に向けて、すでに裏方さんたちのウラ仕事が開始されています!(キリッ)

この時代、この春夏、シクロクロスバイクを眠らせるのはもったいない!練習会はもとより、グラベルツーリングとか、輪行ツーリングとか、どこでも走れるシクロクロスバイク・グラベルバイクで楽しんでいこうと思います。

そして半年後の秋、笑顔で大会を楽しめるように・・・。今は祈っています。粛々と進めていきます。

(文中画像は齊藤高史カメラマンから一部お借りいたしました。今期もお世話になり、ありがとうございます。)