三浦の帰省ライド第2弾!!輪行編【千葉→宮城】

帰省ライド

こんにちは、柏店の三浦です。
今回で2回目の千葉県から宮城県までの帰省ライドを行いました。初の試みでしたがバスと電車も使用しました。

三浦 帰省
こんにちは、柏店の三浦です。 ある日、同じ東北出身の守谷店スタッフ西山に、一緒に自走で帰省しませんか?と誘

服装ですが深夜は寒いと思い、上は夏用インナー・冬用インナー・OTR冬用ジャケット・ウィンドブレーカー、下は冬用タイツを着ていきました。あとはシューズカバーや防風のグローブなども使用しました。夏用インナーは吸汗速乾性能が高いので冬でも活躍します。

帰省ライド

出発は12月31日の早朝に予定していましたが、雨予報でしたので12月30日の仕事終わりに出発することにしました。

一人旅の始まり

今回は国道6号線をひたすら真っすぐ北上することにしました。仕事が終わり準備を済ませ、出発したのが23時頃。

帰省ライド

出発して20kmほど走り牛久駅までくると綺麗なイルミネーションがありましたので、つい寄り道をして撮影してしまいました。

はじめの休憩ポイントが土浦市です。前もって買っておいた補給食を食べながら体を休め、早めに出発しました。ここまで1時間かかり深夜0時でした。

帰省ライド

ふと道路脇にあった温度計を見ると4℃を表示、路面が濡れていたこともあり重ね着していましたが結構寒かったです。辺りも真っ暗です。

帰省ライド

石岡市まできて看板を左に曲がるとトイレや自販機がありましたので、ここでまた休憩をしました。ガーミンを見ると距離にして50km、時間で2時間かかり深夜1時になります。やはり真っ直ぐコースですと体感時間が長く感じます。

休憩は大事

次の休憩ポイントは水戸市です。休憩しすぎでは?と思う方もいるかもしれませんが、できれば1時間くらいに1回は補給をしたほうがハンガーノックにもなりにくいです。寒い時期は体が冷えないように小休憩をこまめに入れるといいかもしれません。

帰省ライド

ひたちなか市の看板が目に入ったので撮影ついでに小休憩にしました。
歩道が広かったのでボトルをスマホ立てに使って自撮りをしています。

帰省ライド

スタートして5時間走りましたが、まだ暗い早朝4時に日立市に到着しました。ここでやっと自走区間の半分くらいまでくることができました。
日立市の看板から1時間走りまた温度計を見つけると11℃・・・通りで少し暑いと。

帰省ライド

福島県へ突入

国道6号線を走っていて海が見えてくると、やっと福島県まできたという気持ちになります。スタートして8時間、朝の7時になるとすっかり明るくなりました。ここまでの距離が145kmになります。

帰省ライド

勿来駅で源義家の銅像を発見したので、パシャリと撮影。朝日も昇りはじめました。

帰省ライド

もう少し走ると目的地のいわき駅でしたが、ここまで来たら行けるところまで行こうと思い、歩行者と二輪車が通行不可区間がある富岡町まで行きました。温度計が16℃になっていて驚きです。

帰省ライド

バスと電車輪行

富岡駅から浪江駅までの区間がまだ電車が開通されておらず代行バスが出ています。こちらのバスには輪行袋に入れていれば載せていただけます。

帰省ライド

富岡駅のとなりには、さくらステーションKINONEというお食事処があり、桜うどんという珍しい食べ物もいただけます。
あまり時間がなかったので今回は食べるのを断念しました。

帰省ライド

浪江駅からまた自走しようと思っていましたが、暴風でしたのでそのまま電車で実家近くの駅まで輪行して行こうと思っていました。

ですが仙台駅で乗り換えしようとしたところ、帰省ラッシュ人が多く荷物が大きくて乗れそうになかったので、雪がチラつく中ふたたび自走することにしました。

今回の帰省ライドでの走行距離が228km、平均速度25km/h、獲得標高1300m、消費カロリー4100kcalでした。移動時間9時間、輪行時間3時間、休憩時間3時間で総時間が15時間になりました。

帰宅ライド

帰宅するときは車で日立駅まで送ってもらえたので、お正月に食べ過ぎたカロリーを少しでも消費するため、帰宅ライドを急遽行いました。コースは国道6号線と小貝川を使いました。

走行距離134km、平均速度26km/h、獲得標高550m、消費カロリー2300kcal、移動時間5時間、休憩時間1時間、総時間6時間となりました。

帰省ライド

新大利根橋までくると写真を撮っている方がたくさんいたので、止まって撮っている方を見ると夕暮れ時に富士山が!!つい私も撮ってしまいました。

帰省ライド

次回も違ったパーツなどを使ったり別のコースを走ったり、今回食べれなかった桜うどんも食べてみたいです。