ちょいと長めのロード山スペシャル

雨天ライド

本来なら今頃一行は中禅寺湖を渡る爽やかな風に背中を押されて湖畔を沿い快走していた頃だろうか・・・・・・

7月30日、日曜日。
予定では日光の山々を巡るハイパー山スペシャルを企画していましたが、数日間居座る雨雲に断念し、つくば発の山スペとなりました。
それでも栃木への思いま断ち切れず、未練がましくもいそいそと栃木を目指しました。


数時間前までは、日光あたりにいたであろう雨雲が北西の風に流され、茨城、栃木県境に雨を降らせ、我々もありがたくその洗礼を受けました。
山での雨の恐ろしさは身に沁みてますので、汗が流れる程度の雨なら歓迎ものです。

茨城・栃木は無駄に道が整備されていてロード天国ですね~

ちょっと曇り

この日一番元気だった、マエカワさん。
マシンはくたびれてお疲れ気味でしたが、二回り・三回りも年齢差があるメンバーに混ざって、きっちりローテーションに加わりながら、隙きをみてはアッタクをしかける闘魂。容赦無くみんな潰しにかかります。

日本で一番クールファイヤーが一番似合う漢です!!

カラーが世界一似合う漢

筑波山麓を出発し二時間程で栃木県茂木町に入ります。
時間と天候の許す限り日光近づけたらと、那珂川沿いに更に北上します。まだ未練が断ち切れません。

小高い丘の尾根沿い道は落ち着いた趣もあり桜の咲く頃には素敵なコースになりますが、このメンバーでは楽しむ余裕もなく高速で通過してゆきます。

途中の川で一時停止
河の橋の上で

つくばから80キロ程、那珂川が那須烏山市内に入った所で折り返し。
河川の風景ものどかなものです。河原に降りて水遊びでもと思い立ちましたが、上流の雨の影響で濁った流れをみてまたもや断念。

折り返し地点


今回1点だけ諦めること無く予定通り貫き通したのはランチ。
日光に行けたとしても帰路の晩飯に立ち寄らせて頂く予定でしたが、ロングの途中のランチには最高の補給になる、羽黒駅前の「あじさい」さん。
雨と汗で汚れた一行を快くお座敷に通して下さいます。今回もあっという間の完食にうどんの写真は撮り忘れてしまいました。

お昼休憩


大きな収穫も1つ。
ロードに乗り出して一ヶ月ほどの高校生、ヒロタくん
途中で偶然出会し、オジサンたちに連行され200キロのロングを完走。さすがに最後は隠しきれない疲労が滲み出ていましたが、まだまだ若いのでこれからに期待です。

走りの速さは自ずと備わるとして、平均年齢が自分の父母よりも高い集団に溶け込んで自転車を楽しめるのは将来が楽しみです。自転車を通じて様々な人と交わり色々な経験をしてもらいたいです。

期待の高校生

全員無事にスタート地点に到着。
見慣れたいつもの風景を見たときの安堵感。

出発地点到着

ライド中の緊張が緩んで、一気に食欲わいてきます!!今夜は何をのもうかなぁ なんて、

この記事が気に入ったら