ろまんちっくMTBエンデュランスレース緊急参戦!

こんにちは!つくば店の大高です。
11月26日に開催されました「ろまんちっくMTBエンデュランスレース」にオンザロードのクラブ員の皆さんと参加してきました!

栃木県宇都宮市にある道の駅「ろまんちっく村」は、宇都宮シクロクロスシリーズのコースがあることでご存じの方も多いかと思います。今回はその道の駅に併設する公園の一部を利用したマウンテンバイクの耐久レースです。時間は3時間で、ソロとチーム戦の両方にエントリーしています。

緊張のスターティンググリッド

3時間耐久チーム戦

私とチームを組むノザキさん。自信満々のようです。

3時間耐久ソロ

ソロで出場のシイナさんとヒロタ君。再来週の野田エンデューロに向けた前哨戦ですね!?ヒロタ君はMTBのソロエンデューロ初出場です。

ろまんちっくエンデューロ

ノザキさんと同じくシクロクロス勢のタニグチさん。シクロクロスシーズン中にもかかわらず緊急参戦です。

補給食は入れたっけ?

補給食は準備OK?
ソロはレース中に休憩することなく3時間走り続けます。途中の補給は走行しながらとる上、ロードレースのようにドラフティングはほぼ無いので、一度スタートを切ると孤独な一人旅になります。

耐久レーススタート!

レース開始!

スタート直後の混乱を避けるため、最初の一周は無理な追い越し禁止のパレードランとなり、ホームストレートに帰ってきてからそのまま「ローリングスタート」となります。

他にも福島県猪苗代町の南ヶ丘牧場で毎年開催されるMTB耐久レースの「ジンデュランス」のように、停めてある自転車までダッシュで走っていき、そこからスタートする「ル・マン方式スタート」を採用しているレースもあります。

まずは林間コース

最初のセクションで全行程の殆どを占める林間コースに突入です。密度の濃い杉林の中は、晴れていても路面が湿っている上、根っこが走りにくくしています。
小刻みにアップダウンが続きますが大きな上り下りはほとんどなく、どことなくトレイルの雰囲気に近いので、山を走り慣れているオンザロードの皆さんが得意とするようなコースになっていると思います。

激坂登り2

後半セクションは公園の芝エリア。調整池にもなっているようで、芝が水気を含んでいてタイヤが重いです。宇都宮シクロクロスで「斜面走」や「担ぎ」「押し」でおなじみのエリアですね。開放的な分、思うようにスピードが乗らず後半苦しみました…

感動のゴール!

感動のゴール

あっという間の3時間、気づけばゴールです。チーム戦のリザルトは54チーム中12位。1時間経過時点で10位だった上、6位から12位まで同一周回だったので悔しい結果。

竹谷賢二選手と

今回がソロレース初出場のヒロタ君。手練揃いの今回のレースで58人中11位の大健闘でしたね。憧れの竹谷賢二選手とのツーショット。お忙しい中快く写真撮影に応じて頂いた竹谷選手ありがとうございました。

ゴール後の一杯

ヒロタ君と同一周回で、21位のタニグチさん。何度も足つりに見舞われながら流石です。勝利の美酒はレッドブル!?

乾杯!

そしてゴール直後でありながら、誰よりもリラックスしている26位のシイナさん。レッドブルガールとのツーショット。


これよりレース

お疲れ様でした!次回は12月10日の「MTBクロスカントリーレース in NODA」です!頑張りましょう。

この記事が気に入ったら