自転車通勤を3倍楽しむ

こんにちは、堀越です。

汗をかかずに、自転車通勤ができる季節になってきました。
私は冬こそ自転車通勤の魅力が凝縮されるベストシーズンと思っております。
澄んだ星空の下でペダルをこいで帰宅し、体幹まで冷え切った躰を湯船につけた瞬間のあのジィ~ンと痺れる感触~・・・・そしてその後のビール♪♪染みわたるぅ~

通勤時間を移動時間とていてだけでなく趣味の時間に置き換えられたら、毎日仕事の前後に2度も愉しい時間が創れてしまう!!
そんな自転車通勤で日常をより愉しくしてくれそうな新たな通勤号を追加しました。





通勤号を選ぶにあたり、自分がどんなスタイルで通勤ライドをしたいかまとめてみた・・・

1.帰り道ちょっと遠回りして一時間くらいのライドをしたい
2.知らない路地や田舎のあぜ道など、コースを決めず気分任せに走りたい
3.多少の雨でも自転車にまたがりたい
4.ライド中のトラブルによる時間的なロスを最も低くしたい
5.たまにはのんびり サイクリングにもつかえたら・・・

 TREK Crockett 5 Disc に決めた 

そんな自分の希望を満たしてくれそうなのが、
TREK Crockett 5 Disc「クロケット」
軽量アルミを使用した、正統化シクロクロスバイク。

先にあげた5つの条件の解として、
1.普段乗り慣れたロードバイクのポジションと親和的がある
2.不整地を走るシクロクロス用機材としての機動性の良さがある
3.制動力の高いディスクブレーキのお陰で、雨天でもブレーキ性能に心配ない
4.通勤中のトラブルの筆頭となるパンクにたいし、耐パンク性の強いタイヤの選択肢が豊富にある
5.レース用の機材だから、あとは乗りての気持ちと脚次第

とそれなりの理由をあげてみたが、一番の決めては気に入ったカラーリングだったりもする。

毎日使うものだらこそ 拘りも 

フレームの差し色の赤に合わせて、赤のワンポイントのあるアイテムで合わせてみる♪♪
ハンドルに巻かれたXXXの赤いロゴ・シートピラーにあるラインの赤 
少々コストがかかるがこれから数年間、毎日愛用すると心に誓い奮発する!!


インナーギアにも差し色の赤、ボトルケージもカスタムペイントで着色

機能性を度外視して赤に拘る。最初に満足する形にしてしまった方が、後々お金をかけずに結果的に安く済んでいる。これまでの自分の買い物癖から学習しての初期投資。

駆動系はDi2でシンプルに
ハンドル回りがシンプルで取り回しが良いのは勿論、私にとっと最大のメリットは厳冬期のシフトチェンジ。
指先の感覚がなくなる位極度の末端冷え症のため、これまでは我慢してギアを変えずに我慢することも多々ありました。それもすべてDi2によって解消してくれます!!

愛称は”コロ助” 

クロケットとはフランス語でコロッケを意味するらいし、トレックがコロッケという意味を込めて「クロケット」と命名したかは定かでは無いが、それを知った日から私の中では「コロッケ」にすり替わってしまった。

コロッケと言えば・・・・キテレツ大百科のコロ助の大好物。

20数年20台近くの自転車に乗りながら、初めて自転車に命名する。
君はコロ助号だ!!

コロ助号 今日も怪速
シェイクダウンして半月、コロ助号は当初の希望を叶えてくれている。
通勤距離は倍に延び、敢えて非効率な路を征く。
綺麗な舗装路がありながら、隣のあぜ道を走る様は、傍からみたら正に
怪??走??

普段は使用しないような裏道に入ると、新たな発見もある。
こんな所にパン屋さん、いつごろ出来たんだろう、ちょっと寄り道してみようかなぁ~ そん気ままな自転車通勤しばらく愉しんでみます!!

この記事が気に入ったら