MADONE ”Beppu Limited”

限定モデル

Madone 9 Fumiyuki Beppu LTD edition

自身の愛車とともに

日本を代表するプロロードレーサー、TREK Segafredo Team 所属の別府史之選手

初のシグネチャーモデルとなる「Madone 9フレームセット」オーダー受付中!

今年10月の宇都宮ジャパンカップで、フミ選手がお披露目する予定のこのスペシャルモデル。プロジェクトワンのラインナップにはなりません。限定100台の今回限りのオーダーとなります。

TREKがこれまで発売したシグネチャーモデルといえば…カンチェラーラ、コンタドール、デゲンコルブ、そして今回のフミ。

実力、人気、世界中からのSNS支持、ファンの声援。これら全てが揃わないと、この手のシグネチャーモデル発表には至りません。

まさに日本サイクリング史上、歴史に残る一台と呼べるでしょう。


別府史之 タイポグラフィー

別府史之の文字

日本から世界へ羽ばたいた「ニンジャレーサー」別府史之選手をイメージした、マットブラックにモノトーンのグラフィック。

一見シックながら、なかなか派手な存在感ある仕上がりです。

シートチューブには”別府史之”の漢字からデザインされたオリジナルロゴが踊り、彼をモチーフにしたバイクであると主張します。


カモフラージュパターン

オリジナルカラー

チューブ裏側、フロントフォーク、シートステーなどにデザインされた「カモフラージュ」

ニンジャレーサー、フミ別府。状況に応じて集団に溶け込み、チームのために確実に仕事をこなす、そして時に勝利を狙う。

彼のイメージを体現するカモフラージュです。 実はアルファベットの”Fumy”の文字がカモフラージュになっているなど、見ごたえある一台!

見ごたえのある一台


“Ja sais que je peux”

為せば成る

トップチューブの謎の文字…。これ、漢字のように見えますが、実は漢字ではありません。

フランス語で「Je sais que je peux」

日本語にすると「為せば成る」

別府史之のモットーであるその言葉、フランス語の文字を組み合わせて漢字のように表現しています。

「為せば成る」…フランスに拠点を置き、日本人としてのアイデンティティも持って活躍する彼の生き方。 ハードな練習やロングライドで疲弊し、ふと視線を下に落としたとき、この言葉があなたを勇気づけます。


クールに決まる

「Madone 9 Fumiyuki Beppu Limited Edition」

価格:490,000円(税抜)フレームセットのみ
サイズ:50cm, 52cm, 54cm, 56cm(H2フィット)
付属品:フレーム、フォーク、シートピラー、ヘッドセット、スペーサー、ブレーキセット
納期:10月中旬を予定
特典:「別府史之選手直筆サイン入り非売品フォトブック」プレゼント、and more…

皆様のご予約、熱烈にお待ちしております!!!

ジャパンカップでお披露目

この記事が気に入ったら