土浦発!!そよ風ヒラヒラ脚はフラフラ 霞ヶ浦で中級ライド【つくば店】

「男は背中で語る」
どこかで聞いたそんなキャッチコピー。

去年の晩夏に比べ彼らの背中は一回りも、二回りも大きくなっていた。

こんにちは、堀越です。
のっけから漢くさいフレーズを並べておりながら、当の本人はつまらぬ落車事故で痛めた古傷庇いながら小さく丸まった背中でリハビリ中の身です!!

期待通り 柳たなびく ひらひらそよ風に流されながら

止まって日光を浴びると汗ばむ陽気になってきました。ライド中も軽くそよ風に当たるくらいが汗もかかず適当にちょうど良いサイクリング日和です!!
さて、りんりんロードを経て土浦の霞ヶ浦湖畔はら今日の中級ライドは本格的なスタートです!!

しかしGW 終盤のこの日の霞ヶ浦湖畔は沢山のサイクリストで賑わっていました、真新しい自転車を漕ぐ初々しい光景に初めてロードバイクを漕いだ日を思い出します。

「まずは基本の集団走行」
と、言いたいところですが・・・・

ご存知の通り、自転車に乗る上で限りなく障壁になるものがない霞ヶ浦湖畔では、否が応でも巡航スピードは上昇基調になります。
つくばから自走でウォーミングアップが終わったばかりのフレッシュな脚では尚の事でしょう!!

そこで、15キロの個人タイムトライアル的に独走でまずは脚を削ってもらいます。
25分前後の平地の単独走、結構辛いですよね~

全行程の15%程の距離ですが、ここで70%分のエネルギーを消費してもらう感覚で突っ込んっでもらいます!!

あら不思議 綺麗にまとまる集団走行

独走でかなりの疲労を溜め込んだ後は、集団走行の練習です。

個人走の後の集団走では、折からの向かい風も受けながらの走行で集団内ではそのメリットをしっかりと享受してもらえたと思います。

皆さんの協調的な走りであっという間に復路につきます。集団内にいると前後の走者への配慮にたいする緊張感があるせいか時間の経つのも早く感じますね。
疲れた時こそ「集団内」に喰らいつくことが結果的には、省エネで精神的に楽に感じれると思います、前走者の背中が少しづつ遠くなるあの何ともいえない辛抱のときもう一頑張りして追いついてみると、意外とその後の展開が楽になるかも・・・・

向かい風を我慢した分、復路は追い風に背中を押されます。
ここから最後の一搾り、「出せる人は出し切って行っちゃいましょう!!」 湖面の先に土浦の街が見えれば、後は押してでも帰れますから・・・


「はいっ、お疲れ様でした~」
つくばまではゆっくりゆっくり帰りましょう!!

フラフラになるまで脱力しきった脚でゆくっり軽めのギアでクールダウンしながら残り僅かな帰路を消化すサイクリングのひと時が好きなんですよねぇ~
「昼飯は唐揚げ食べたいなぁ」なんて思いを膨らませながら・・・

これから夏日も増えてきますが、気温よりも紫外線が一番強いこの時期ですのでしっかり対策して体調崩さず楽しんで行きましょ!!

このページが気に入ったら